| 次のページ >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

test

test
FC2 Management

インストーラ不使用でBazaar/Bazaar Explorerを使う(Windows)

バージョンなどは 2013-07-11 時点のものです。 Windows 7 です。

1. Universal Extractor の準備

Universal Extractor | LegRoom.net
http://legroom.net/software/uniextract/

Binary Archive(uniextract161_noinst.rar)をダウンロードして解凍するだけ。

2. Bazaar の準備

WindowsDownloads - wiki.bazaar.canonical.com
http://wiki.bazaar.canonical.com/WindowsDownloads

Standalone の、とりあえず安定版(Stable)をダウンロード。
bzr-2.5.1-1-setup.exe

3. インストーラからファイルを抽出

Universal Extractor で Bazaar のインストーラ実行ファイルからファイルを抽出する。

抽出されたフォルダの中にある {app} フォルダを適当にリネームして適当なところに置く。
以下、{app} を C:\Users\user\bzr にしたとして書きます。

4. その後の設定など

パスを通す

環境変数 PATH に
C:\Users\user\bzr
を追加。
これでコマンドプロンプトで bzr コマンドが使える。

SVN連携を使わない

SVN連携が不要な場合は
C:\Users\user\bzr\plugins\svn
フォルダを削除しておく。

Bazaar Explorer の起動

コマンドプロンプトで
bzr explorer
を実行すると Bazaar Explorer が起動する。
bzr_exp_32c
適当にショートカットを用意したり。

全体設定(ユーザ、メールアドレス、ignore)

C\:Users\user\AppData\Roaming\bazaar\2.0\bazaar.conf
がグローバルな設定ファイル。

↓とりあえずユーザ名・アドレス設定
----
[DEFAULT]
email = username 
----

同じフォルダに ignore もある。

(solved) JScript: 処理を待つことができません。

run の引数のコマンド文字列の先頭にスペースが入ってるとこのエラーメッセージが出る。


var sh = new ActiveXObject("WScript.Shell");
sh.run(" notepad.exe ");

WSHクイックリファレンス 第2版
WSHクイックリファレンス 第2版羽山 博

オライリー・ジャパン 2006-10-24
売り上げランキング : 137503


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Windows自動処理のためのWSHプログラミングガイド
Windows自動処理のためのWSHプログラミングガイド五十嵐 貴之

ソシム 2009-06
売り上げランキング : 41562


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Windowsサーバー Hacks ―管理者必携のテクニック & WSHスクリプト 100選
Windowsサーバー Hacks ―管理者必携のテクニック & WSHスクリプト 100選Mitch Tulloch 高橋 基信

オライリージャパン 2005-05-26
売り上げランキング : 410956


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ImageMagick: 画像に縁取り付き文字列を書き込む

元画像:
input

書き込んだ結果:
output

明るい画像でも暗い画像でも対応できるように白文字に黒縁取りで書き込みたい。

シェルスクリプトでも良かったかなと思いましたがなんとなく Ruby で。


# -*- coding: utf-8 -*-

def _exec cmd
  puts cmd
  system cmd
end

font_path = "./ume-tgo5.ttf" # 梅ゴシック O5
point_size = 32
text = ["日本語文字列", "123", "abcABC"].join("\n")
input_img = ARGV[0]

_exec <<EOB
convert \
  -font "#{font_path}" -pointsize #{point_size} \
  -gravity center \
  -annotate +0-1 "#{text}" \
  -fill "#0000" -stroke "#000a" -strokewidth 8 \
  "#{input_img}" __temp.png
EOB

_exec <<EOB
convert \
  -font "#{font_path}" -pointsize #{point_size} \
  -gravity center \
  -annotate 0 "#{text}" \
  -fill "#fff" \
  __temp.png output.jpg
EOB

使用画像はこちら: File:MountStQuentinByArthurStreeton.jpg - Wikipedia, the free encyclopedia

tumblife-for-rubyでtumblrにオーディオファイルをpostする(2012-09)

(1) http://www.tumblr.com/oauth/apps でアプリを登録して consumer key と consumer secret を取得する。
(2) 次のスクリプトで access token, access token secret を取得する。

require 'oauth'

CONSUMER_KEY    = '{your consumer key}'
CONSUMER_SECRET = '{your consumer secret}'

consumer = OAuth::Consumer.new(
  CONSUMER_KEY,
  CONSUMER_SECRET,
  { :site => 'https://www.tumblr.com/' }
)

request_token = consumer.get_request_token
provider_auth_url = request_token.authorize_url
puts provider_auth_url

system "firefox #{provider_auth_url}"
# ブラウザで「許可」ボタンを押して許可する

# リダイレクト先のURLを入力
puts "Enter URL with oauth verifier: "
url_with_oauth_verifier = STDIN.gets.strip
/oauth_verifier=(.+)$/ =~ url_with_oauth_verifier
oauth_verifier = $1
puts "oauth_verifier: '#{oauth_verifier}'"

access_token = request_token.get_access_token(:oauth_verifier => oauth_verifier)

puts <<EOB
----
  config.consumer_key       = '#{CONSUMER_KEY}'
  config.consumer_secret    = '#{CONSUMER_SECRET}'
  config.oauth_token        = '#{access_token.token}'
  config.oauth_token_secret = '#{access_token.secret}'
EOB

(3) 上記で取得した consumer key, consumer secret, access token, access token secret を指定して tumblife for ruby を使う。

require 'tumblife'
 
Tumblife.configure do |config|
  config.consumer_key       = '{your consumer key}'
  config.consumer_secret    = '{your consumer secret}'
  config.oauth_token        = '{your access token}'
  config.oauth_token_secret = '{your access token secret}'
end

client = Tumblife.client

caption = <<EOB
<p>
"<span class="track_title">Break That Groove Muffin</span>" by Shnabubula
<br />from album "<a href="http://ubiktune.org/releases/ubi014/">Adventure Magic Supreme Journey Music [ubi-014]</a>" 
<br /><a href="http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/3.0/">CC BY-NC-ND 3.0</a>
</p>
<p>
(via <a href="http://phlow-magazine.com/charts/1732-sergio-de-prado-best-creative-commons-music-moments-2010">Sergio de Prado’s Best Creative Commons Music Moments 2010</a>)
</p>
EOB

client.audio(
  "anbtradio.tumblr.com",
  :caption => caption,
  :data => Faraday::UploadIO.new("./shnabubula__break_that_groove_muffin.mp3", "audio/mpeg")
)
これでできました。

環境

ruby 1.9.2p180
oauth-0.4.7
tumblife-1.2.0

参考



** ホームに戻る

| 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。