| 次のページ >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の国会議員のサイトでCCLが使われているか調べてみたが、どこも使っていなかった

※ CCL = クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

トップページだけしか調べていませんが、結果としては CCL が使われているサイトはありませんでした。

国会議員のリストは 政治家WEBリンク集 のものを使わせてもらいました。

参考: 日本の国会議員の名前とウェブサイトのURLのリストを得るRubyスクリプト - 再発明日記

一覧をもとに Rubyスクリプトで一括処理しました。 CCL が使われているかどうか以下のメソッドで判定しました。 ccREL などのマークアップが正しく行われているかを調べるのが目的ではなく、 なるべく手間をかけずにざっくりと調べられればよいという程度のものです。


# -*- coding: utf-8 -*-
# for Ruby 1.8.7

require "open-uri"
require "kconv"

def find_license(url)
  begin
    html = Kconv.toutf8( open(url).read )
  rescue => e
    STDERR.puts e.message
    return [nil, nil, nil, nil]
  end

  rel_license = cc_org = cc_ja = cc_by = nil
  rel_license = true if /rel=["']license["']/i      =~ html
  cc_org      = true if /creativecommons\.org/      =~ html
  cc_ja       = true if /クリエイティブ・?コモンズ/ =~ html
  cc_by       = $&   if /.{8}CC[  ]BY.{8}/i        =~ html
  
  [rel_license, cc_org, cc_ja, cc_by]
end

関連記事

参考(外部リンク)

スポンサーサイト

CCブログ対訳: education landing page とウィキプロジェクト

Creative Commons & Education Landing Page And Wiki Project
education landing page とウィキプロジェクト

Mike Linksvayer, 2010-04-07

Today we launched two important resources for anyone interested in Creative Commons and education.

わたしたちは今日 クリエイティブ・コモンズと教育に関心を持つ人にとって 重要なリソースを 2つ公開した。

First, there's an education landing page prominently linked from our home page. Its goal is to quickly introduce our site visitors to the vast number and range of Open Educational Resources (OER) available for use as well as the role of Creative Commons licenses in enabling OER to reach its potential. We'll be testing various iterations of this page in the coming months as well as add further assets (e.g., video) to make it an effective introduction to OER for the general public.

まず creativecommons.org のホームから目立つように education lading page へのリンクを張った。 利用可能になっている OER の膨大な量・カバー範囲と、 OER がそのポテンシャルにリーチする際に CCライセンスが果たす役割を 手早くサイト訪問者に紹介するのが目的だ。 これからの数ヶ月でこのページのさまざまな繰り返しを試すと同時に、 OER を公衆に効果的に紹介するため 動画などさらなる資産を追加する予定だ。

The landing page also features a number of links for anyone who wants to learn more about OER & CC and/or wants to contribute their own knowledge. Most of those links point to the OER Portal/Project on our wiki. Our goal for this section is for our community to add useful information about OER as well as help curate this information. Ultimately, we hope processes for curating such information (e.g., a rating system for OER case studies) will develop, looking at the Wikipedia WikiProjects as an inspiration. Please dive in and help, from small corrective edits to designing and documenting curation processes.

また、landing page では OER と CC についてもっと学びたいと思っている、 また自身の知識によって貢献したいと思っている すべて人のために多くのリンクを取り上げる。 そうしたリンクのほとんどは Creative Commons Wiki の OERポータル/プロジェクト を指している。 この節の目的は コミュニティのために OER に関する有用な情報を加え、 この情報を curate するのを手伝うことだ。 ウィキペディアのウィキプロジェクトにインスピレーションを受けつつ、 最終的にはこうした情報を curate するためのプロセス (たとえば OER の事例の評価システム) が生まれることを望む。 小は誤りを修正することから大は curation の過程をデザインし文書化することまで、 ぜひ参加して手伝ってほしい。

These new resources are in-line with the education plans we posted about at the end of January. Watch here for more!

これらの新しいリソースは 1月の末に投稿した 教育プランの延長線上にある。 詳細についてはこれをチェックしてほしい。

Creative Commons License
This work by Mike Linksvayer (original English text) and sonota (Japanese translation) is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
Based on a work at creativecommons.org.

参考(外部リンク)

対訳: オープンソース・ソフトウェア教育 / teachingopensource.org

Teaching Open Source Software
オープンソース・ソフトウェア教育

Jane Park, 2010-04-07

If you're like me, then you don't know much about software; if you’re not like me, then you know about software but not much about open source software (OSS). Regardless of which camp you fall into, there’s good news―you can learn about open source software (and help others learn about it) through open educational resources on OSS online. Practical Open Source Software Exploration: How to be Productively Lost, the Open Source Way is teachingopensource.org’s new textbook to help professors, or anyone for that matter, teach or learn about open source software. “It’s a book that works like an open source software project. In other words: patches welcome.

もしあなたが私と似たタイプの人なら、ソフトウェアのことはよく知らないだろう。 そうでなければ、ソフトウェアについては知っているかもしれないが、 オープンソース・ソフトウェア(OSS)についてはよく知らないのではないだろうか。 あなたがどちらのタイプであっても、これは良いニュースだ ── あなたは OSS online のオープンな教育リソースを通じて OSS について学ぶことができる (また、他の人の学習を手伝うことができる)。 「 実践 OSS 探訪: いかに生産的に失うか~オープンソース・ウェイ 」 は 教師やこの問題に関わる誰もが OSS について教え学ぶのを助けるための teachingopensource.org の新しいテキストである。 「 これは OSS のプロジェクトのように機能する本です。つまり、パッチを歓迎します 」とのこと。

For those needing something quick and simple to hand out to their classes, educators can contribute to or adapt this textbook (it’s licensed under CC BY-SA so you can share, translate, remix as long as you share alike) or search for other OER online. One K-12 educator developed this resource under CC BY, A K-12 Educator’s Guide to Open Source Software.

教室で配布するために素早くシンプルなものが必要な場合、 教師は貢献したり、このテキストを用途に合わせて改変できる ( CC BY-SA でライセンスされているので、 「継承(share alike)」の条件を守る限り、共有や翻訳、リミックスが可能)。 もしくは他のオンライン上の OER を 探してもいい。 ある K-12 の教育者は 「ある K-12 の教育者による OSS ガイド」 というテキストを CC BY で作成した。

Via CC licenses, both resources enable a community of educators and learners to contribute to, edit, and improve them, especially Practical Open Source Software Exploration which invites people to edit the wiki directly. But fostering a community around open resources to keep them up-to-date and relevant isn’t something that just magically happens, which is why Red Hat, a successful business built around OSS, developed this meta-resource: The Open Source Way: Creating and nurturing communities of contributors. The book is available in wiki-form also under CC BY-SA, and “it contains knowledge distilled from years of Red Hat experience, which itself comes from the many years of experience of individual upstream contributors who have worked for Red Hat.” Basically, it’s a guide “for helping people to understand how to and how not to engage with community over projects such as software, content, marketing, art, infrastructure, standards, and so forth.” Of course none of this is set in stone (literally), since what works for some might not for others, but it’s worth taking a look and adapting to your own needs.

上記の 2つのテキストは CCライセンスを利用することで 教育者・学習者のコミュニティがテキストを編集、改良し貢献できるようにした。 特に「実践 OSS 探訪」はウィキを直接編集するよう促した。 しかし、 テキストを最新にしたり関連を持つように保つためのコミュニティは リソースの周辺に魔法のように勝手に育つわけではない。 それが可能になった理由は、 OSS 周辺にビジネスを起こすことに成功した レッドハット社 が作成した 「オープンソース・ウェイ~貢献者コミュニティの生成と育成」 というメタ・テキストにある。 このテキストは CC BY-SAウィキのフォーマット で利用でき、 また、 「レッドハット社の経験から精製された知見を含み、 同社で働く個々の上流開発者の長年の経験から生まれた」 とのこと。 この本は基本的に 「ソフトウェアやコンテンツ、マーケティング、アート、インフラ、標準などの プロジェクトとコミュニティを出会わせるための方法と、 その際に行うべきでないことを人々が理解するため」 のガイドである。 もちろんこのテキストは(文字通り)石に刻まれているわけではない。 誰かに役立つものが別の誰かの役に立つわけではないが、 試しに目を通して、あなた自身のニーズに合わせるだけの価値はある。

Creative Commons License
This work by Jane Park (original English text) and sonota (Japanese translation) is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
Based on a work at creativecommons.org.

参考(外部リンク)

CCLedな曲を紹介・配信しているポッドキャストのリンク集

※PCから携帯電話用のページに辿り着いてしまう場合は こちらのPC用のページへどうぞ。


順番は適当です。気が向いた時に追加・修正します。

Disruptive Platypus - A blog about free netlabel music, focusing on the best of the electronic spectrum.

disruptiveplatypus.wordpress.com creativeCommons:license: なし

Magnatune

magnatune.com/podcasts フルートやシタールといった楽器ごとのフィードもあったりして面白い。 ↓ジャンル毎に分けていないものはこれ http://magnatune.com/podcasts/everything creativeCommons:license: あり

ISGM Music: Podcast Archives

http://www.gardnermuseum.org/music/podcast/archives.asp クラシックのコンサート。BY-NC-ND。 フィードは http://www.gardnermuseum.org/rss.xml 参考: 2006-09-22 CCニュース:クラシック音楽ポッドキャスト"The Concert":Lessig Blog (JP) - CNET Japan 2006-09-14 Isabella Stewart Gardner Museum Launches Free Classical Music Podcast – “The Concert” – Under a Creative Commons License - Creative Commons

Catching The Waves

http://feeds.feedburner.com/typepad/blinker/catching_the_waves

Phlow

http://phlow-magazine.com/

ccMixter

http://ccmixter.org/ http://ccmixter.org/api/query?datasource=topics&type=podcast&page=podcast&f=rss 15曲くらい/ファイル creativeCommons:license: なし

Uwe Hermann's Music Podcast

http://www.hermann-uwe.de/podcast-list

8bc - Online Chiptune Media Sharing

http://8bitcollective.com/ 新着がドバドバと流れてくる。 一律で BY-NC-SA になっているが、原著作者の許諾を得ずに ライセンスされていると思しきものも見受けられるので要注意。

traex.de

http://www.traex.de/ 3曲/ファイル 一次配布元URLがないので探すのが毎回一苦労。 ArtistServerSoundClick の曲が多いような気がする。

Starfrosch

http://starfrosch.ch/ ジャンルごとのフィードあり。

anbt radio

http://dl.dropbox.com/u/217014/radio/channel.xml 試験的にやってます。

ネットレーベル系

Sojus Records Network International Netlabel

www.sojusrecords.com すべて BY-NC-ND 3.0 ? creativeCommons:license: あり

Eastern Recordings

http://www.ear-recordings.nl/ ライセンスは archive.org の各配布ページで確認できる。 すべて BY-NC-ND 3.0 ? フィード内にライセンスのメタデータなし。

Kahvi Collective

http://www.kahvi.org/ CC BY-NC-ND 3.0 ライセンスは information の「License」タブで確認できる。 フィード内にライセンスのメタデータなし。

Bad Panda Records

http://badpandarecords.wordpress.com/ CC BY-NC-SA

Phonocake

http://www.phonocake.de/

Hattatsu Records

http://hattatsu-records.jp/

関連記事

参考(外部リンク)

Google Wave コンプリートガイドが CC BY-SA で公開されている

The Complete Guide to Google Wave is BY-SA
Google Wave コンプリートガイドが CC BY-SA で公開されている

Cameron Parkins, 2009-12-14

Gina Trapani and Adam Pash are editors at Lifehacker, but over the last couple of months they've been penning (wiki-ying?) a guide to Google Wave. Their hard work has paid off as a preview edition of The Complete Guide to Google Wave is now available for purchase as a DRM-free PDF. The first edition of the book will be debuting in January as both a PDF and a softcover print book with new editions to follow throughout 2010.

Gina Trapani と Adam Pash は Lifehacker の編集者だが、 ここ数か月間は Google Wave のガイドブックを執筆していた(wikiっていた?)。 かれらのハードワークは The Complete Guide to Google Wave のプレビュー版として結実し、DRMフリーな PDF として購入可能になっている。 この本の初版は 1月に PDFと印刷された書籍の両方で登場し、 その後 2010年を通じて新しい版が続く。

What's particularly salient to those in the CC-community is that Trapani and Pash have authored and collaborated on the book using MediaWiki and are releasing its content under our Attribution-ShareAlike license. This means the book is not only compatible with Wikipedia (allowing it to be imported to and exported from the encyclopedia), but also free to share, sell, and reproduce online – a decision that is already bearing fruit in the form of a full Japanese translation.

CCコミュニティにおいて特に重要なのは、 Trapani と Pash が MediaWiki を使って執筆・協働したことと、 表示-継承 ライセンスで公開していることだ。 つまり、この本は Wikipadia と互換性がある (Wikipedia との間で import、exportが可能)だけでなく、 オンラインで自由に共有、販売、再生産することができる。 この決定は、 完全な日本語訳 という形ですでに成果を出している。

You can learn more about the project at their website, where the guide will continue to be freely available.

彼らのウェブサイト で詳細を知ることができ、 このガイドは引き続き自由に利用できる。

Creative Commons License
This work by Cameron Parkins (original English text) and sonota (Japanese translation) is licensed under a Creative Commons Attribution 2.1 JP License.
Based on a work at creativecommons.org.



** ホームに戻る

| 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。