|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対訳: オープンソース・ソフトウェア教育 / teachingopensource.org

Teaching Open Source Software
オープンソース・ソフトウェア教育

Jane Park, 2010-04-07

If you're like me, then you don't know much about software; if you’re not like me, then you know about software but not much about open source software (OSS). Regardless of which camp you fall into, there’s good news―you can learn about open source software (and help others learn about it) through open educational resources on OSS online. Practical Open Source Software Exploration: How to be Productively Lost, the Open Source Way is teachingopensource.org’s new textbook to help professors, or anyone for that matter, teach or learn about open source software. “It’s a book that works like an open source software project. In other words: patches welcome.

もしあなたが私と似たタイプの人なら、ソフトウェアのことはよく知らないだろう。 そうでなければ、ソフトウェアについては知っているかもしれないが、 オープンソース・ソフトウェア(OSS)についてはよく知らないのではないだろうか。 あなたがどちらのタイプであっても、これは良いニュースだ ── あなたは OSS online のオープンな教育リソースを通じて OSS について学ぶことができる (また、他の人の学習を手伝うことができる)。 「 実践 OSS 探訪: いかに生産的に失うか~オープンソース・ウェイ 」 は 教師やこの問題に関わる誰もが OSS について教え学ぶのを助けるための teachingopensource.org の新しいテキストである。 「 これは OSS のプロジェクトのように機能する本です。つまり、パッチを歓迎します 」とのこと。

For those needing something quick and simple to hand out to their classes, educators can contribute to or adapt this textbook (it’s licensed under CC BY-SA so you can share, translate, remix as long as you share alike) or search for other OER online. One K-12 educator developed this resource under CC BY, A K-12 Educator’s Guide to Open Source Software.

教室で配布するために素早くシンプルなものが必要な場合、 教師は貢献したり、このテキストを用途に合わせて改変できる ( CC BY-SA でライセンスされているので、 「継承(share alike)」の条件を守る限り、共有や翻訳、リミックスが可能)。 もしくは他のオンライン上の OER を 探してもいい。 ある K-12 の教育者は 「ある K-12 の教育者による OSS ガイド」 というテキストを CC BY で作成した。

Via CC licenses, both resources enable a community of educators and learners to contribute to, edit, and improve them, especially Practical Open Source Software Exploration which invites people to edit the wiki directly. But fostering a community around open resources to keep them up-to-date and relevant isn’t something that just magically happens, which is why Red Hat, a successful business built around OSS, developed this meta-resource: The Open Source Way: Creating and nurturing communities of contributors. The book is available in wiki-form also under CC BY-SA, and “it contains knowledge distilled from years of Red Hat experience, which itself comes from the many years of experience of individual upstream contributors who have worked for Red Hat.” Basically, it’s a guide “for helping people to understand how to and how not to engage with community over projects such as software, content, marketing, art, infrastructure, standards, and so forth.” Of course none of this is set in stone (literally), since what works for some might not for others, but it’s worth taking a look and adapting to your own needs.

上記の 2つのテキストは CCライセンスを利用することで 教育者・学習者のコミュニティがテキストを編集、改良し貢献できるようにした。 特に「実践 OSS 探訪」はウィキを直接編集するよう促した。 しかし、 テキストを最新にしたり関連を持つように保つためのコミュニティは リソースの周辺に魔法のように勝手に育つわけではない。 それが可能になった理由は、 OSS 周辺にビジネスを起こすことに成功した レッドハット社 が作成した 「オープンソース・ウェイ~貢献者コミュニティの生成と育成」 というメタ・テキストにある。 このテキストは CC BY-SAウィキのフォーマット で利用でき、 また、 「レッドハット社の経験から精製された知見を含み、 同社で働く個々の上流開発者の長年の経験から生まれた」 とのこと。 この本は基本的に 「ソフトウェアやコンテンツ、マーケティング、アート、インフラ、標準などの プロジェクトとコミュニティを出会わせるための方法と、 その際に行うべきでないことを人々が理解するため」 のガイドである。 もちろんこのテキストは(文字通り)石に刻まれているわけではない。 誰かに役立つものが別の誰かの役に立つわけではないが、 試しに目を通して、あなた自身のニーズに合わせるだけの価値はある。

Creative Commons License
This work by Jane Park (original English text) and sonota (Japanese translation) is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
Based on a work at creativecommons.org.

参考(外部リンク)

スポンサーサイト

対訳: Lingro: オープンな翻訳とオープン・コンテンツの利用

Lingro: Open Translation
Lingro: オープンな翻訳

Cameron Parkins, 2007-12-10

Lingro, a project that aims “to create an on-line environment that allows anyone learning a language to quickly look up and learn the vocabulary most important to them”, is beginning to look seriously cool. Give it a web page in any language, and it spits the same page back at you with the ability to cross-reference word translations on the fly (see an example of our site with a English-Spanish translation).

学習者にとって最も重要な語彙をすぐに調べ、学ぶことで 誰もが言語を学習することができるオンライン環境を作り出す」ことを目指すプロジェクト Lingro が本気でクールになってきたようだ。 ある言語で書かれたウェブページを Lingro で開くと、単語の訳をその場で相互に参照できるように変換されたページが表示される (英語-スペイン語の変換例はこちら)。

Lingro pools the open-content community (Wikitionary and The Shtooka Project to name two prominent sources), as well as user-contributed CC BY-SA licensed definitions, in order to gather a translation repository that is rich in both breadth and depth. By utilizing open-content and allowing a means to contribute open-content back to the community, Lingro fosters a vibrant cycle of information sharing, creating a resource that has immense potential in terms of education and cross-cultural communication.

Lingro は翻訳リポジトリを広く深く充実させるため、ユーザにより投稿された CC BY-SA ライセンス な定義だけでなく、オープン・コンテントなコミュニティ(有名どころで言えばウィクショナリーShtooka プロジェクト)の資産も利用している。 オープン・コンテンツを利用し、またコミュニティへその成果を還元することにより、Lingro は活気のある情報共有のサイクルを育て、教育と文化間コミュニケーションの面で大きなポテンシャルを持つ資源を生み出す。

Creative Commons License
This work by sonota is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
Based on a work at creativecommons.org.

対訳: クリエイティブ・コモンズが営利・非営利の利用法について調査を始めたとのこと

Creative Commons Launches Study of “Noncommercial Use”
クリエイティブ・コモンズが「非営利利用」についての調査を開始

Eric Steuer, 2008-09-18

Today, Creative Commons announced the launch of a research study that will explore differences between commercial and noncommercial uses of content. The study will explore how the definitions of “commercial use” and “noncommercial use” are understood among various communities and in connection with a wide variety of content.

クリエイティブ・コモンズは今日、コンテンツの「営利利用」と「非営利利用」の違いについて模索する調査研究を始めると公表した。 この研究では、「営利利用」と「非営利利用」の定義がさまざまなコミュニティーで、またさまざまなコンテンツとの関わりにおいてどのように理解されているかを探る。

“The study has direct relevance to Creative Commons' mission of providing free, flexible copyright licenses that are easy to understand and simple to use,” said Creative Commons CEO Joi Ito. “The NC term is a popular option for creators choosing a Creative Commons license, and that tells us the term meets a need. However, as exponentially increasing numbers of works are made available under CC licenses, we want to provide additional information for creators about the contexts in which the NC term may further or impede their intentions with respect to the works they choose to share, and we want to make sure that users clearly understand those intentions. We expect the study findings will help us do a better job of explaining the licenses and to improve them, where possible. We also hope the findings, which will be made publicly available, will contribute to better understanding of some of the complexities of digital distribution of content.”

「この調査は、 『分かりやすくかシンプルであり、自由で柔軟な著作権ライセンス』 というクリエイティブ・コモンズのミッションと直接的な関わりを持つ」 とクリエイティブ・コモンズの CEO 伊藤穰一氏は語った。 「『非営利』という条件は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを選択するクリエイターにとっては一般的なオプションであり、ニーズに合っていることが分かります。 ですが、CCライセンスで利用できる作品が指数的に増えるのにともない、 『非営利』がどのような条件のとき 共有のために彼らが選んだ作品へのリスペクトを伴った意図を後押しするか、あるいは妨げるかといった 付加的な情報をクリエイターに対して提供したくなりました。 また、それらの意図を利用者がはっきりと理解できるようにしたいと思っています。 この調査の結果によってうまく条件を示せるようになり、可能な場合はそれらを向上できるようになることを期待しています。 調査結果は公に利用できる形にする予定ですが、 コンテンツのデジタル配布にまつわる複雑さのいくつかをよりよく理解する手助けになればと願っています。 」

You can read more about this news in the press release CC issued this morning.

今朝のプレスリリースで詳細を読むことができる。

Thank you to The Andrew W. Mellon Foundation for its generous support of this study.

調査に対するアンドリュー・W・メロン財団 の全般的なサポートに感謝する。

Creative Commons License
This work by sonota is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
Based on a work at creativecommons.org.

「X-ファイル:真実を求めて」で CCLな歌が使われているとのこと - Jamison Young

Featured Commoners: Jamison Young
コモンズ者特集: ジャミソン・ヤング

Cameron Parkins, July 25th, 2008

Jamison Young is a musician who records endlessly and plays live as often as he can. Young releases all his music under a CC licence, some through ‘fairplay’ label (and former Featured Commoner) Beatpick, who helped get Young’s track “Memories Child” into the soundtrack for new feature film “The X-Files: I Want to Believe“. We Caught up with Young and asked him some questions regarding his decision to use CC licences and what his current and future plans are - read on to find out more.

ジャミソン・ヤング は、際限なくレコーディングを行い、可能な限りライブを行うミュージシャンだ。 ヤングは自身の音楽すべてをクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(以下 CCL) 下で公開しており、いくつかは「フェアプレイ」なレーベル Beatpick( 以前のコモンズ者特集で取り上げた)からリリースしている。 Beatpick はヤングの曲“Memories Child” を新作映画“The X-Files: I Want to Believe “(邦題「X-ファイル:真実を求めて」、 2008年11月7日公開) のサウンドトラックに組み入れるのに協力した。 私たちはヤングと連絡を取り、 なぜ CCL を使おうと決めたか、現在と将来の計画などについて質問した。


写真: Guillaunme Charriau | CC BY

Can you give our readers a bit of background about yourself and your music?
あなたとあなたの音楽について、背景を簡単に教えてもらえますか?

I've been writing, performing and recording songs for a while, yet its only in the last five or so years that I have settled down enough to get some kind of career going with what I do. I play live, although mostly based in Europe and that is where I'm based - I'm originally from Australia.

私はしばらくは、曲を書き、演奏し、レコーディングしていました。 しかし、ここ最近 5年かそこら、自分のやることとある種のキャリアを十分すりあわせ、落ち着いてきました。 私は、私がベースにしているヨーロッパが拠点ですが、ライブを行ってきました。 私は元々はオーストラリア出身です。

What are your influences?
何に影響を受けましたか?

Any song that lets me escape, songs from the 60’s, 70’s, 80’s of all types and also contemporary artists like Beck. I like songs that I can listen to again and again yet still stay fresh. Learning about copyright and Creative Commons has given me a new view on my influences though.

私を逃避させてくれた音楽です。 60年代~80年代のすべてのタイプの曲、それから Beck のような現代のアーティストです。 何度も何度も聴くことができ、その度に新鮮に感じられる曲が好きです。 著作権とクリエイティブ・コモンズに関して学ぶことで、 私の影響について新しい視点を得てきました。

What licenses do you use and why?
どのライセンスを使っていますか?なぜそれを使っているんですか?

I licensed the songs from the album “Shifting Sands Of A Blue Car” under a Creative Commons Attribution license. When I look at the amount of self published art that is used commercially compared to published content and then look at how much quality self published content is available online , less restrictions for my music makes more sense for me. Also, a lot of home creators that use a song might want to use the content in conjunction with a services like youtube or myspace , and who can say if these services are a commercial or non-commercial from the user of the contents point of view.

アルバム“Shifting Sands Of A Blue Car”の曲は CCL 表示 3.0 でライセンスしました。 公開したもののうちどれだけ営利利用されるか、 また自分で公開した作品がどの程度のクオリティでウェブ上で利用できるかといったことを考えた場合、 制限を減らすことは自分にとって意味があります。 また、曲を使う home creator の多くは、コンテンツを Youtube や myspace などのサービスと併せて使いたがっているかもしれません。 それに、そういった人たちは、ユーザ視点から それらのサービスが商用であるかどうか気にするかもしれません(※意訳)。

How do you distribute your works?
どのように作品を配布していますか?

I’ve written a lot of songs, yet only produced one album. People find out about my tunes through services like Jamendo , Myspace , last.fm , facebook , youtube , and when content gets remixed using a CC license. I see the recording as a promotional tool for a live show. When I play tunes at festivals I make an effort hand out postcards with my info. When I perform a show at a bar or cafe I send posters and postcards prior to the event.

アルバムとしては 1枚しか出していませんが、たくさんの曲を書いてきました。 リスナーは、 JamendoMyspacelast.fmfacebookyoutube といったサービスを通じて私の曲のことを知り、コンテンツは CCL を利用して リミックスされます。 レコーディングしたものは、私はライブのためのプロモーションだと思っています。 イベントで曲を演奏した時には、私の情報を載せたポストカードを手渡しするようにしています。 バーやカフェで演奏する場合、前もってポスターやポストカードを送ります。

Have you seen any interesting examples of reuse as a result of using CC licenses?
CCL を使った結果、面白い再利用の例は出てきましたか?

The uncultured project used the song “how far” in many of its clips. Shawn from the uncultured project went looking for free content to use with his clips on Jamendo and found my songs. Shawn's film project deals with issues that relate to poverty in Bangladesh. The clip at this link has had almost 500,000 plays.

uncultured プロジェクトは 私の曲“how far”を 多くの動画クリップで使いました。 uncultured プロジェクトの Shawn は、クリップで使えるフリーなコンテンツを Jamendo で探し、 私の曲を見つけました。 Shawn の映画プロジェクトはバングラデシュの貧困に関連した問題を扱っています。 このリンク先にあるクリップは 50万回再生されました。

Recently I started to license my live performances under a CC BY license. In Europe although venues are already paying a blanket license for the use of content, often the venue has to pay an extra fee for the use of live music. As a result many bars and cafes don't have live music. My hope is that putting a Creative Commons license on the live performance of my songs for this use shall create more opportunity for a promoted live event. A lot of artists play shows in spaces that don't have an agreement with a rights organizations for live music , yet these shows are mostly not promoted beyond the artists network of friends.

最近、ライブパフォーマンスを CCL 表示 3.0 下で公開し始めました。 ヨーロッパでは会場はコンテンツの利用に対してすでに包括ライセンスを払っていましたが、 ライブ音楽に対して会場が追加料金を払わなければならない場合もしばしばありました。 結果として、多くのバーとカフェはライブを行っていません。 より多くライブイベントを促進する機会を得るため、私の曲でのライブに CCL を適用したいと考えています。 多くのアーティストは ライブに関して権利団体と同意していない場所でライブを行っており、 アーティストの友人のネットワークを越えてプロモーションされることがほとんどありません。

As an artist, how important is CC to you?
アーティストとして、あなたにとってクリエイティブ・コモンズはどのように重要でしょうか?

Prior to the 90's it seemed necessary to have a recording and publishing industry, yet with the internet and changes in recording technology, the old system looks to be less and less relevant to today’s artist. I grew up in a system where i watched TV, people grow up in a world today where we have the tools to make the media. I see the Creative Commons licenses as a good way for people to get together and create.

80年代以前は、録音されたメディアと出版産業は必須だと思われていました。 しかし、インターネットとレコーディング技術の変化により、 アーティストにとって古いシステムの意味が次第に薄れてきたように見えます。 私はテレビを見るシステムの中で育ち、今の人たちはメディアを作る道具のある世界で育っています。 CCL は、人々が協働し創造を行うための良い方法だと思っています。

Recently one of your songs, “Memories Child” got picked up to be played in the feature film “The X-Files: I Want to Believe“, how did this happen? How do you feel about it?
最近、あなたの歌“Memories Child”が期待の映画“The X-Files: I Want to Believe”で使われましたが、 どのような経緯だったのですか? どのように感じていますか?

The director of the film heard the track and wanted to use it. Beatpick created a synchronization license in conjunction with Fox Films for the use of the song.

監督が曲を聴き、使いたくなりました。 Beatpick は曲を Fox Film の映画で使えるよう 同期的なライセンスを作成しました

The use of the song is great news for me , its going to be a bit of a jolt to the system when the film is released though. My hope is that I'll get more live work and the opportunity to promote and record a fresh production album. Artists that get known for what they create have people employed pushing buttons and pulling the strings , I do what I can with the resources i have , and for now I'm happy moving along on this path.

曲が使われることは私にとってすごいニュースでした。 映画が公開されたら、従来のシステムに対してちょっとしたショックになるでしょう。 もっと多くのライブを行い、新鮮なアルバムを録音し宣伝する機会を得たいと 思っています。 自分が作ったものを知って欲しいと思っているアーティストは、 人々がボタンを押し紐を引くようにします(※すいませんここ意味が取れませんでした)。 私は私が持っているリソースでできることを行い、 差し当たってはこの路線での活動に幸せを感じています。

How does the Beatpick service work?
Beatpick のサービスはどのように機能しているんでしょうか?

Beatpick doesn't own any part of the artists copyright - the artist gives Beatpick the right to synchronize rights for use of the artists song. When the artist signs with Beatpick the artist also gives Beatpick the right to use their songs without having to pay the rights organizations. The contract that the artist agrees to with Beatpick is not permanent , and Beatpick license nothing exclusively. Beatpick license their artists songs using BY-NC-SA. Any proceeds Beatpick make from licensing a song are split with the artist/creator.

Beatpick はアーティストのいかなる権利も所有しませんが、 アーティストは曲を利用するための 同期的な権利を Beatpick に与えています。 アーティストが Beatpick(の契約書に?)サインすると、 Beatpick は権利団体への支払いなく曲を使用できる権利を持つことになります。 アーティストが Beatpick に同意する契約書は永久的なものではなく、 Beatpick が排他的にライセンスすることもありません。 Beatpick はアーティストの曲を 表示-非営利-継承 でライセンスします。 Beatpick が曲のライセンシングから得る利益はアーティスト/クリエイターからは分離されます。

Will you collect any royalties as a result of the use of your song in the film?
映画で曲を使用された結果、ロイヤルティーを受け取る予定なのでしょうか?

As the song shall be performed in so many places I made the decision to sign with ASCAP as an artist/publisher and collect for the use. The difference between ASCAP and APRA (Australian equivalent) is that ASCAP artists can license using a Creative Commons license. Like APRA, ASCAP issue blanket licenses for use of their members songs to media , however members with ASCAP are able to license what they create as they choose and also pick up when a performance shows up in the system.

あの曲はとても多くの場所で演奏されるでしょうから、 アーティスト/パブリッシャーとして ASCAP(全米作曲家作詞家出版社協会)と契約し、 (※ロイヤルティーを?)受け取ることに決めました。 ASCAP と APRA(オーストラリアの権利者団体)の違いは、 ASCAP のアーティストは CCL を使ってライセンシングできる点です。 APRA のように、 ASCAP はメンバーの曲をメディアで使うための包括ライセンスを発行していますが、 ASCAP のメンバーは自作品が従来のシステム内で使われている場合に、 自らの選択でライセンシングすることができます。

From the ASCAP bill of rights:

ASCAP の権利章典から:

“We have the right to choose when and where our creative works may be used for free.”
“We have the right to license our works and control the ways in which they are used.”

「私たちは、自分の作品が自由に使われても良い時と場所を選択する権利を持っている。」
「私たちは、自分の作品に対してライセンシングを行う権利と、作品の使われ方をコントロールする権利を持っている。」

What are your plans for the future? Is there anything else you’d like our readers to know?
将来の計画はありますか? 読者に知ってもらいたいことはありますか?

I'm interested to have songs remixed via CC mixter in conjunction with a production recording. I've also started to collect images from travels that I project with my live show. I'm also interested in traveling with my tunes through transforming and developing countries.

production recording と連動し、 CC mixter を通じて曲がリミックスされることに興味があります。 ライブと一緒に計画している旅行の画像(写真?)を集め始めました。 また、自作曲と一緒に、変化している国や発展途上国を旅行することにも興味があります。

Finding out about Creative Commons has been a stepping stone to understanding more clearly how the business of music works. Since i found out about Creative Commons I've started to put ideas I have that involve the use of Creative Commons licenses on the site iarts.

クリエイティブ・コモンズについて知ることは、 いかに音楽ビジネスが機能するかについてよりはっきりと理解するための足がかりです。 私はクリエイティブ・コモンズについて知ってから、 CCL の利用を巻き込ませるアイデアを iarts というサイト上で実行に移しはじめました。

Creative Commons License
This Work by sonota is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
Based on a work at creativecommons.org.

メモ

いつものようにへぼい対訳です。「さすがにそこは意味が違う」みたいなところがありましたら ご指摘いただけると助かります。

X-ファイル、見たことはないんですが、自分の中では「メジャータイトル」なイメージで、 そういう作品で CCLコンテンツが使われると聞いて驚きました。 予想外とは言えないまでも、とうとうサクセスストーリー来たかと。

こちらが映画の予告。



** ホームに戻る

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。