|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIDIキーボードと DX7エミュレータ hexter をつなげて弾き、Audacity で録音する(Ubuntu Studio 8.04)

DSSI とは

要するに VSTi みたいなものです。 もっと知りたい方は本家でどうぞ → DSSI

hexter とは

  • DSSI のプラグイン
  • YAMAHA の DX7シンセサイザを模したソフトシンセ
  • ほとんどの DX7 のパッチバンクファイルをロードできる

もっと知りたい方は本家でどうぞ → hexter DSSI plugin

MIDIキーボードをつなげて hexter の音色で弾く

まずは JACK を起動。 GUIで操作できてラクなので qjackctl を使うのがおすすめ。

$ qjackctl &

左上の [Start] を押して JACK をスタートさせます。


次に hexter を起動します。 jack-dssi-host hexter.so だけでも一応動くのですが、 本家の情報によれば以下のようにするのが正しいようです。

$ DSSI_PATH=/lib/dssi sudo jack-dssi-host hexter.so 

sudo だとうまく動かなかったので、とりあえず sudo なしで起動しました。 次のようなウィンドウが出ます。


JACK と dssi/hexter が用意できたので、MIDIキーボードからの入力と dssi/hexter をつなぎます。 PC と MIDI キーボードはすでにつながっているものとします。

左下の [Connect] をクリック。

左側から MIDIキーボードからの入力(ここでは UX16)、 右側から出力先となる hexter を選択し、左下の [Connect] をクリック。

あとはキーボードを弾けば音が出ます。


音がブツブツ切れる場合は、qjackctl ウィンドウ右側の [Setup] をクリックして設定画面を開き、 [Frames/Period]、[Periods/Buffer] などの値を大きめにしてバッファサイズを調節しましょう。 トータルのレイテンシがウィンドウ右下で確認できます。

Audacity で録音する

せっかくなので録音までやってみましょう。

上の手順で JACK と hexter を起動した後、Audacity を起動します。 メニューから 編集 → 設定 → オーディオ I/O → レコーディング/デバイス で「JACK Audio Connection Kit: system」を選択し、[OK] をクリックして設定ウィンドウを閉じます。


一時停止ボタン、録音ボタンの順にボタンを押し、スタンバイ状態にします。


qjackctl の Connectionsウィンドウの Audioタブを開いて、以下のようにつなぎ替えます。


これで準備完了です。再び Audacity の一時停止ボタンを押すことで録音を開始できます。

環境

Ubuntu Studio 8.04

参考(外部リンク)

スポンサーサイト

MIDIキーボードを Ubuntu Studio + LMMS に繋いでピコピコした音で弾く

Ubuntu Studio 8.04 で試しました。たぶん素の Ubuntu でもほとんど同じだと思います。

$ uname -a
Linux squirrel 2.6.24-19-rt #1 SMP PREEMPT RT Thu Aug 21 02:08:03 UTC 2008 i686 GNU/Linux

機器

とりあえず今回自分が使ったものを挙げておきますが、お好きなもの・お持ちのものでどうぞ。

キーボード。

MIDI-USBケーブル。

Ubuntu Studio のインストール

省略。だいたい Ubuntu と一緒です。

日本語入力

$ sudo apt-get install anthy scim-anthy

一応。日本語でメモとか取るために。

接続

キーボードの MIDI-OUT ~ UX16 ~ パソコン の USB となるように繋ぎます。

INとOUTを間違えないようにしましょう。 UX16 だと、差し間違えていなければケーブルに付いているランプが点滅します。

LMMS

$ sudo apt-get install lmms  # インストール
$ lmms  # 起動

初回起動時には設定ウィンドウが出ますが、後で変更できるのでスキップしても大丈夫です。

バッファの設定

メニューから [ Settings - Show settings dialog General settings - BUFFER SIZE ] でバッファのサイズを小さくしておきます。

とりあえず、 最小値 Frames: 64 Latency: 1.5ms に設定し [ OK ] を押します。

ほとんどの変更は再起動するまで反映されません、とのことなので [ OK ] を押して LMMS を一旦終了させ、再起動します。

音色とMIDIの設定

ウィンドウ左上のここをクリック

ドラッグ&ドロップで BitInvader をソングエディタに追加。

鍵盤のアイコンをクリックして [ MIDI input - 20:0 UX16 MIDI 1 ] (お使いの機器を選んでください)

この状態で MIDIキーボードを弾くと、サイン波が出ます。

では、音色をピコピコした矩形波に変えましょう。

BitInvader の音色設定ウィンドウ右側から矩形波をクリック(★1)。

これだけでもいいのですが、ノイズが混じって耳障りなので [ Interpolation ] を有効にしておきます(★2)。
また、音量はウィンドウ上側の VOLUME で調節してください (★3、ツマミをクリックして上下にドラッグするか、ツマミにカーソルを合わせてマウスホイール上下)。

これで準備完了です!思う存分ピコピコしてください!

おまけ

エンベロープは [ ENV/LFO/FILTER ] タブで設定できます。 デフォルトでは無効になっていますが、図の赤枠内の部分をクリックするとエンベロープが効くようになります。

以上。

関連記事

参考(外部リンク)

紹介: 小さなサンプル加工に最適な波形編集ソフト Yamaha TWE


波形編集(音声ファイル編集)用のフリーソフト。Windows用です。 かなり昔からあるソフトなので今更感もありますが、 それでもやはり良いソフトだと思う+UIネタとして。 どこが好きとかメモしてみました。

雑素材: GUS patch/Timidity++ cfg のエンベロープの図

タイトル通り、GUS patch(.pat)ファイルと Timidity++ の .cfgファイルでのエンベロープ指定パラメータを図示したものです。 どれが何だっけ? といちいち確認するのがめんどくさくなって作りました。

YouTube で「Timidity」を検索してみた

気まぐれで検索したら出てきました。 でも2つだけでした。 ちょっと寂しいですね。

YouTube - MIDI en la Palm
http://www.youtube.com/watch?v=pOdnmPffO7A
タイトル通り。Palmで演奏してます。

YouTube - Beethoven - Sonata quasi una fantasia ("Moonlight") pt. 1

MIDIキーボードでベートーベンの「月光」を弾き、 Akai Steinway のサウンドフォントを使ってTimidityで音を出し、 Rosegarden でレコーディング、とのこと。
動画の解説コメントの方に「Youtubeのだと音が悪い。実際の音を録音した MP3 がこっちにあるよ」とリンクがあります。

ところで ソフトシンセの Timidity とさっぱり関係ない動画もちらほら見受けられる ・・・のはどうして?
と思って英辞郎で調べてみたら「憶病{おくびょう}、小心{しょうしん}」だそうで。 http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=timidity&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=zJPa7DCxJ15687987t
あぁー、そういえばそんな単語、大昔に出る単で見たような・・・



** ホームに戻る

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。