|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑メモ: dssi-vst のインストール(Ubuntu Studio 8.04)

動作報告的に簡単にメモ。環境は Ubuntu Studio 8.04。

Linux で VSTi を使うには dssi-vst を使うらしい。
dssi-vst - A VST plugin adapter for Linux

ダウンロードして展開して make 。ヘッダ関連でエラーが出るので wine-dev dssi-dev libasound-dev liblo0-dev をインストール。

make に成功したら sudo make install 。 カレントディレクトリに vsthost が作られ、 vsthost foo.dll で VSTi が起動する。

あとは JACK で MIDIキーボードなどと結線すれば音が出るようになる。

VSTi によっては GUIのウィンドウが出ない(Magical 8bit Plug はだめだった)。 とりあえず Synth1 は正常に動作した。

以上。

スポンサーサイト

MIDIキーボードと DX7エミュレータ hexter をつなげて弾き、Audacity で録音する(Ubuntu Studio 8.04)

DSSI とは

要するに VSTi みたいなものです。 もっと知りたい方は本家でどうぞ → DSSI

hexter とは

  • DSSI のプラグイン
  • YAMAHA の DX7シンセサイザを模したソフトシンセ
  • ほとんどの DX7 のパッチバンクファイルをロードできる

もっと知りたい方は本家でどうぞ → hexter DSSI plugin

MIDIキーボードをつなげて hexter の音色で弾く

まずは JACK を起動。 GUIで操作できてラクなので qjackctl を使うのがおすすめ。

$ qjackctl &

左上の [Start] を押して JACK をスタートさせます。


次に hexter を起動します。 jack-dssi-host hexter.so だけでも一応動くのですが、 本家の情報によれば以下のようにするのが正しいようです。

$ DSSI_PATH=/lib/dssi sudo jack-dssi-host hexter.so 

sudo だとうまく動かなかったので、とりあえず sudo なしで起動しました。 次のようなウィンドウが出ます。


JACK と dssi/hexter が用意できたので、MIDIキーボードからの入力と dssi/hexter をつなぎます。 PC と MIDI キーボードはすでにつながっているものとします。

左下の [Connect] をクリック。

左側から MIDIキーボードからの入力(ここでは UX16)、 右側から出力先となる hexter を選択し、左下の [Connect] をクリック。

あとはキーボードを弾けば音が出ます。


音がブツブツ切れる場合は、qjackctl ウィンドウ右側の [Setup] をクリックして設定画面を開き、 [Frames/Period]、[Periods/Buffer] などの値を大きめにしてバッファサイズを調節しましょう。 トータルのレイテンシがウィンドウ右下で確認できます。

Audacity で録音する

せっかくなので録音までやってみましょう。

上の手順で JACK と hexter を起動した後、Audacity を起動します。 メニューから 編集 → 設定 → オーディオ I/O → レコーディング/デバイス で「JACK Audio Connection Kit: system」を選択し、[OK] をクリックして設定ウィンドウを閉じます。


一時停止ボタン、録音ボタンの順にボタンを押し、スタンバイ状態にします。


qjackctl の Connectionsウィンドウの Audioタブを開いて、以下のようにつなぎ替えます。


これで準備完了です。再び Audacity の一時停止ボタンを押すことで録音を開始できます。

環境

Ubuntu Studio 8.04

参考(外部リンク)

雑素材: GUS patch/Timidity++ cfg のエンベロープの図

タイトル通り、GUS patch(.pat)ファイルと Timidity++ の .cfgファイルでのエンベロープ指定パラメータを図示したものです。 どれが何だっけ? といちいち確認するのがめんどくさくなって作りました。

YouTube で「Timidity」を検索してみた

気まぐれで検索したら出てきました。 でも2つだけでした。 ちょっと寂しいですね。

YouTube - MIDI en la Palm
http://www.youtube.com/watch?v=pOdnmPffO7A
タイトル通り。Palmで演奏してます。

YouTube - Beethoven - Sonata quasi una fantasia ("Moonlight") pt. 1

MIDIキーボードでベートーベンの「月光」を弾き、 Akai Steinway のサウンドフォントを使ってTimidityで音を出し、 Rosegarden でレコーディング、とのこと。
動画の解説コメントの方に「Youtubeのだと音が悪い。実際の音を録音した MP3 がこっちにあるよ」とリンクがあります。

ところで ソフトシンセの Timidity とさっぱり関係ない動画もちらほら見受けられる ・・・のはどうして?
と思って英辞郎で調べてみたら「憶病{おくびょう}、小心{しょうしん}」だそうで。 http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=timidity&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=zJPa7DCxJ15687987t
あぁー、そういえばそんな単語、大昔に出る単で見たような・・・



** ホームに戻る

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。