|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ImageMagick - convert -gamma

convert のオプション -gamma に渡す値と結果の画像です。
1 のとき変化なし(元画像と同じ)。

スポンサーサイト

メモ - ffmpeg2theora のオプション

自分が使いそうなオプションだけの簡単なメモ。
v0.17 のヘルプメッセージを基にしてます。

ビデオ出力オプション


-v ビデオのクオリティ。0-10。デフォルトは 5

--croptop, --cropbottom, --cropleft, --cropright
  リサイズ前に切り取る上下左右の幅(ピクセル)

-x リサイズ後の横幅(ピクセル)
-y リサイズ後の高さ(ピクセル)

--deinterlace
  インターレースを強制的に解除

音声出力オプション


-a 音声のクオリティ。-2-10。デフォルトは 1

-c チャンネル数

-H サンプリングレート(Hz)

--nosound 音声なし(動画だけ)

入力オプション


--sync 動画と音声の同期ずれが起こる場合はこのオプションを試す。

その他


-s, --starttime
  エンコード開始位置(秒)
-e, --endtime
  エンコード終了位置(秒)

人名「マチュラ」の綴りは「Mutchler」

タイトル通り。
英字での綴りを調べてみたけどなかなか分からなかったのでメモ。
「マチュラー」とも読みそう。

Script-Fu: 選択範囲を1px拡大して描画色で塗る


; grow1px-fill.scm

(define (script-fu-grow1px-fill img drawable)
  (gimp-image-undo-group-start img)
  
  ;; 選択範囲を1px拡大
  (gimp-selection-grow img 1)
  ;; 描画色で塗りつぶし
  (gimp-edit-fill drawable 0)

  (gimp-displays-flush)
  (gimp-image-undo-group-end img))

(script-fu-register
 "script-fu-grow1px-fill"
 "<Image>/Script-Fu/misc/1px拡張塗り"
 "1px拡張して塗る"
 "sonota"
 "(c) 2007"
 "2007-04-02"
 "RGB*, GRAY*, INDEXED*"
 SF-IMAGE "Image" 0
 SF-DRAWABLE "Drawable" 0)

参考(外部リンク)


Gimp: 記事のもくじ

Gimp リンク(書きかけ)

フォントの追加



Gimpの日本語フォント2 @ 林檎の気持ちはヨク判る
http://web.hpt.jp/lingo/gi04a.html

Script-Fu


Script-Fu 青空教室 @ TheGimp 別館
http://hp.vector.co.jp/authors/VA025935/script-fu/script-fu.html

フィルタの効果一覧


フィルターリスト @ GimP

GIMPユーザーズマニュアル

使い始めの人向け


GIMP2を使おう - Windows版 Gimp2、Gtk+2 のダウンロードはここで
http://www.geocities.jp/gimproject/gimp2.0.html

ダイアログの結合と分離 @ GIMP2を使おう
http://www.geocities.jp/gimproject/tips/tips1.html

ショートカットの変更 @ Gimp wiki
http://twist.jpn.org/gimp/index.php?%A5%B7%A5%E7%A1%BC%A5%C8%A5%AB%A5%C3%A5%C8%A4%CE%CA%D1%B9%B9

OpenOffice.org メモ

記事にしようかと思って調べたらすでに詳しい解説が存在していたものとか。

writer: 目次付きの文書を Word 97/2000/XP 形式(.doc)で保存して WORD で開くとブックマークの挿入などフィールド関連の操作が一部不可能になる

2010-02-01

目次が原因だったようで、OOo側で目次を削除してから Word 97/2000/XP 形式で保存したら大丈夫だった。

writer: マウスでスクロールする時にページ数などを表示するヒント(ツールチップ) が出るのが邪魔・鬱陶しい

2009-05-11

メニューから ツール > オプション
OpenOffice.org > 全般 > 「ヒント」のチェックを外す。
ただし、他のヒントも全て出なくなってしまう(?)。

表示時間を変更するだけなら
メニューから ツール > オプション
OpenOffice.org > アクセシビリティ > ヒントの表示時間

選択範囲をマーキング

2009-05-11

ショートカットキーを割り当てて使ってます。

sub marking_selection
  rem ======================================================================
  rem define variables
  dim document   as object
  dim dispatcher as object
  rem ======================================================================
  rem get access to the document
  document   = ThisComponent.CurrentController.Frame
  dispatcher = createUnoService("com.sun.star.frame.DispatchHelper")
  
  rem ======================================================================
  dim args1(0) as new com.sun.star.beans.PropertyValue
  args1(0).Name = "CharBackgroundExt"
  args1(0).Value = false
  
  dispatcher.executeDispatch(document, ".uno:CharBackgroundExt", "", 0, args1())
end sub
20100128 追記: スタイルにショートカットキーを割り当てれば良いと分かりました。

OOo Basic, Writer: 選択範囲の文字列を取得

2008-11-02, v2.4.1
dim oDoc 
oDoc= ThisComponent
dim oSelection
oSelection = oDoc.getCurrentSelection()
dim SelectedText as String
SelectedText = oSelection.getByIndex(0).getString()

MsgBox( SelectedText )
参考: 
Nabble - openoffice - api dev - Get Selected Text in the actual TextDocument
http://www.nabble.com/Get-Selected-Text-in-the-actual-TextDocument-td19743731.html
Current selection - OpenOffice.org Wiki
http://wiki.services.openoffice.org/wiki/Current_selection

ルビを振ると行間(行高)が不均一になる場合

OpenOffice.org ユーザーのための Microsoft Office 互換性研究室 - ■ 互換性の研究-Writerを使って「行数」や「文字数」を指定したドキュメントを作成する手順
ページ書式の「行数と文字数を指定する」の方法では解決できないかと思っていましたが、「ルビ文字の最大サイズ」などを調節するとうまく収まる場合があります。

↓ こんな感じ

FAQも参考になるかと。
faq/3/89 - OpenOffice.org Q&A | ルビをつけたときの行間の乱れについて



** ホームに戻る

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。