>> 古い記事: OpenOffice.org: バッチ処理で .odt-.doc 相互変換、PDF出力
<< 新しい記事: 国内のCCコンテンツ ホスティング・投稿サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音素材投稿サイト Soundsnap の利用規約について

効果音や楽器ネタの投稿サイト Soundsnap についてちょっとだけ調べてみました。 自前の音素材をホスティングするのに freesound がいいか Internet Archive がいいか、 などと検討しているとこだったので、ついでに Soundsnap も選択肢に入れておこうかと。

HELP & FAQ | Soundsnap
http://www.soundsnap.com/faq

ヘルプ&FAQ によれば、 Soundsnap からダウンロードした音素材は自由に使うことができるそうで、 営利/非営利を問わず利用(二次利用、派生作品に使用)できるとのこと。 ただし、Soundsnap license と terms of use(利用規約)に従う必要があるらしいです。

attribution(たぶん著作権(者)表記のこと)は義務ではないが、推奨。
また、素材そのもののそのままの形での営利再配布は禁止。 たとえば、Soundsnapにある音をダウンロードし、CD販売やオンライン販売することは規約違反になります。 一方、そのままの形での配布は非営利であれば問題はないものの、規約をしっかり読んで本当に大丈夫かどうか確認してね、とのことでした。

あと、当然と言えば当然ですが、Soundsnap に自分が投稿した音を 別のルートで販売したり再配布したりはまったくもって自由、だそうです。

個人的な印象としては、freesound の方が使いやすそう(面倒がなさそう)かな、と思いました。
ちなみに freesound のは クリエイティブ・コモンズ サンプリング+ 1.0 です。 分かりやすいですね。


関連記事

参考

>> 古い記事: OpenOffice.org: バッチ処理で .odt-.doc 相互変換、PDF出力
<< 新しい記事: 国内のCCコンテンツ ホスティング・投稿サイト
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。