>> 古い記事: Windows で再帰のできる CUI な grep を使う
<< 新しい記事: Ren'Py: Zoom / 画像のズーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ren'Py: Pan / 画像のパン

Function: Pan( startpos, endpos, time, repeat=False, bounce=False, time_warp=None, **properties)
startpos, endpos
それぞれパン開始時、終了時に画面の原点(左上)と重なる座標 (x,y) をタプルで指定。
time
startpos から endpos まで移動させるのにかける時間を秒で指定。
repeat
Motion を参照
bounce
Motion を参照
time_warp
Motion を参照
**properties
-

画像表示時に at節 で使います。

Ren'Py はパンを開始するとすぐに次の命令を実行しようとするため、 パンが終わってから次の動作に移らせたい場合は renpy.pause を併用してください。

# 縦移動
scene tate at Pan((0, 0), (0, 600), 10.0)

# 横移動
scene yoko at Pan((0, 0), (800, 0), 10.0)

この記事の元になったドキュメントのライセンスは以下の通り。

Copyright 2004-2007 PyTom <pytom@bishoujo.us>

以下に定める条件に従い、本ソフトウェアおよび関連文書のファイル(以下「ソフトウェア」)の複製を取得するすべての人に対し、ソフトウェアを無制限に扱うことを無償で許可します。これには、ソフトウェアの複製を使用、複写、変更、結合、掲載、頒布、サブライセンス、および/または販売する権利、およびソフトウェアを提供する相手に同じことを許可する権利も無制限に含まれます。

上記の著作権表示および本許諾表示を、ソフトウェアのすべての複製または重要な部分に記載するものとします。

ソフトウェアは「現状のまま」で、明示であるか暗黙であるかを問わず、何らの保証もなく提供されます。ここでいう保証とは、商品性、特定の目的への適合性、および権利非侵害についての保証も含みますが、それに限定されるものではありません。作者または著作権者は、契約行為、不法行為、またはそれ以外であろうと、ソフトウェアに起因または関連し、あるいはソフトウェアの使用またはその他の扱いによって生じる一切の請求、損害、その他の義務について何らの責任も負わないものとします。

参考(外部リンク)


Ren'Py: 記事のもくじ

>> 古い記事: Windows で再帰のできる CUI な grep を使う
<< 新しい記事: Ren'Py: Zoom / 画像のズーム
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。