>> 古い記事: Ren'Py: Zoom / 画像のズーム
<< 新しい記事: 雑記: 2007-08b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gimp: フィルタで星空or宇宙空間ぽいテクスチャを作る

レイヤーの番号が小さいのを下に、大きいのを上にして重ねます。

基本

レイヤー1

灰色(#808080 くらい)で塗りつぶし。

フィルタ - ノイズ - HSV 散乱
  保存度  2
  色相    0
  彩度    0
  明度    120

レイヤー - 色 - レベル
入力レベルの黒色を 200 に。



この時点でこんなふうになります。

レイヤー2

同じ手順でもう 1つレイヤーを作る。
(レイヤー1 の複製ではなく別に作ります)

レイヤーモードを「乗算」に。

不透明度を 80% に。
これはお好みで調節してください。

レイヤー3 - 明度を調節

これだけだとちょっと暗いので
白(#ffffff)で塗りつぶして
レイヤーモードを「オーバーレイ」に。



画像を統合してレベル補正でも良いかと思います。

おまけ

以上 レイヤー1、2、3 で基本は終りです。 以下はおまけ。

レイヤー4 - 着色

好きな色で塗りつぶしてレイヤーモードを
「オーバーレイ」や「色」などにする。

HSV 散乱 で色相を 20 くらいぶれさせると
それっぽくなったりします。


レイヤー4b - 軽く濃淡を付ける

フィルタ - 下塗り - 雲 - ソリッドノイズ
パラメータはそのままでOK。
レイヤーモードを「オーバーレイ」に。


というわけで、全部重ねるとこうなります。 2倍に拡大するとこんな感じ。

明るい星を大きめに

おまけその2。

ここからはちょっとめんどくさいので
自分の備忘録的に簡単に済ませます。

画像 - 複製

複製した画像に対して
  レイヤー 1,2,3 だけを表示して画像の統合。
  レベル補正で黒色 150、白色 180 に。
  フィルタ - ぼかす - ガウシアンぼかし - 2px
  レベル補正で明るく(白色 60 とか適当に)。

全体をコピーし、元の画像の
レイヤー2 と 3 の間にペースト。
レイヤーモードを「スクリーン」にして
不透明度を適当に調節。

こんな感じになります。

2倍に拡大したもの。



応用例。 レイヤー2 の不透明度を 100% にして星の密度を下げ、 レイヤー4 の色を変えてオレンジっぽくしてみると こんなふうになります。 2倍に拡大したもの。

関連記事

参考(外部リンク)


Gimp: 記事のもくじ

>> 古い記事: Ren'Py: Zoom / 画像のズーム
<< 新しい記事: 雑記: 2007-08b
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。