>> 古い記事: 雑記: 2007-07a
<< 新しい記事: Tango Icon パレット色のテキストデータ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[雑ログ] timidity, aseqview (2007-07-10)

[Ubuntu, DTM]
aplaymidi → timidity で音を出そうとするとうまく出ない。

timidity -iA でサーバモードにして待ち受けさせといて
aplaymidi --port=128:0 foo.mid
と送ってやると、音が出ない。

Ctrl+C で止めると、詰まってたものがポンと出るように
ちょっとだけ音がでるけど、それだけ。

で、timidity -iA -Oe で esound を使うと
音は出るけどブチブチ切れる。

こりゃダメだと思ったけど試しに rosegarden から送ってみたら
今度は予想以上にレスポンスが良くてびっくり…
と思ったらまた音が出なくなったり。

timidity を起動させた方の端末画面を見ると
謎の文字列がゲロゲロと吐き出されている・・・

lmms に送ると segmentation fault で落ちる(lmmsが)。

[雑ログ]
Ubuntu 7.04 に aseqview をインストール。

ftp://ftp.suse.com/pub/people/tiwai/aseqview/
ここから最新のソース(0.2.8)を拾ってきて
configure するとエラー。

$ ./configure
(略)
checking for libasound headers version >= 0.5.0... not present.
configure: error: Sufficiently new version of libasound not found.
$

となるので、synaptic で libasound2-dev をインストール。
最初「alsa」で検索しても出てこなかったのでちょっと迷った。
素直さが足りなかったもよう。
あとは configure しなおして
普通に make と sudo make install。

>> 古い記事: 雑記: 2007-07a
<< 新しい記事: Tango Icon パレット色のテキストデータ
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。