>> 古い記事: ccMixter、monotonik の曲をまとめて配布してみるテスト
<< 新しい記事: Windows版と Linux版の操作の違いを吸収する Firefoxアドオン 2つ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[雑記] 2008-03

雑記


2008-03-25


カリ城が好きな人は観ましょう。あとドパルデューのシラノの口上・啖呵が好きな人も観ましょう (声を当てているのはドパルデューではなくてジョルジュ・ジュイエーという人だそうですが)。

2008-03-23

OpenOffice.org Basic で単純な文字の置換。
Sub simpleReplace( str as String, pre as String, post as String )
  dim position as Integer

  Do
	position = InStr( str, pre )
	If 0 = position then
	  	Exit Do
	Else
		Mid( str, position, 1, post )
	End If
  Loop
End Sub

ぉ。ニコニコに上げてる人がいた。

はてなブックマーク - Virt - FX EP‐ニコニコ動画(SP1)

はてなブックマーク - Virt - fx 2.0‐ニコニコ動画(SP1)

2008-03-16

茶色くてでかいナメクジ。嫌いな人は見ちゃだめ!
Bennie The Banana Slug Over Stick on Flickr - Photo Sharing!

2008-03-16

YouTube - Tibetan activists condemn Beijing Olympics - 13 Mar 08

投稿者は AlJazeeraEnglish。 (via The Hub

参考: [対訳] ピーター・ガブリエル、WITNESS、The Hub | anobota


転がしておけば誰かの役に立つかも……という訳ではなくて、 ローカルに置いておくとどこいったか分からなくなるので恥ずかしいけどここに貼っておく。 .wavファイルの長さを秒単位で揃えるRubyスクリプト。 11s222ms のファイルの後ろに無音をくっつけて 12s000msにする。 変数名とか適当すぎるし自分仕様。
if ARGV[0] == nil
  $stderr.puts "arg1: infile.wav"
end

def echoExec( str )
  $stderr.puts str
  system str
end

infile = ARGV[0]
if /\.wav$/i =~ infile
  outfile = '__' + $` + '.wav' #`
else
  $stderr.puts infile
  exit 1
end

min, sec, msec = 0,0,0
output = IO.popen( "mediainfo --full #{infile}" ).readlines.each{|line|
  if /PlayTime(.+?):(.+?)mn(.+?)s(.+?)ms/ =~ line
    min, sec, msec = $2.to_i, $3.to_i, $4.to_i
  elsif /PlayTime(.+?):(.+?)s(.+?)ms/ =~ line
    min, sec, msec = 0, $2.to_i, $3.to_i
  end
}
    puts "%d %d %d " % [ min, sec, msec ]

## 無音ファイルを繋げる
echoExec %Q~ sox --combine sequence #{infile} __1sec.wav  temp.wav ~

## 秒単位で切捨て
echoExec %Q~ sox temp.wav  #{outfile}  trim 0 #{ min*60 + sec + 1 } ~

puts min*60 + sec + 1
同じく、文字列を描画してbmpで保存するというもの。
=begin
入力文字列は sjis
=end

require 'sdl'
require 'uconv'

if ARGV[3] == nil
  $stderr.puts "arg0: screen width"
  $stderr.puts "arg1: screen height"
  $stderr.puts "arg2: text"
  $stderr.puts "arg3: result.bmp"
end

ttf_file = './VL-PGothic-Regular.ttf'
screen_w = ARGV[0].to_i
screen_h = ARGV[1].to_i


## padding
pad_t, pad_r, pad_b, pad_l = 10,10,10,10

fg_r, fg_g, fg_b = 255,255,255
bg_r, bg_g, bg_b = 0,0,0

## *********************************************
## 初期化
SDL.init( SDL::INIT_VIDEO )
SDL::TTF.init()

SDL.set_video_mode( screen_w, screen_h, 24, SDL::SWSURFACE )

## ウィンドウ生成
screen = SDL.setVideoMode( screen_w, screen_h, 16, SDL::SWSURFACE ) # (3)
screen.fillRect(0,0, screen_w, screen_h, [bg_r, bg_g, bg_b] )

font_size = 16
font = SDL::TTF.open( ttf_file, font_size, 0 )

blitx, blity = pad_l, pad_t
temp_surface = nil

## *********************************************
ARGV[2].split( '@@@@' ).each{|text|
  ## 1文字ごとに処理
  text.split(//s).each{|c|
    #  $stderr.puts c
    c = Uconv.sjistou8( c )
    temp_surface =  font.renderBlendedUTF8( c, fg_r, fg_g, fg_b ) 
  
    # blit の前にはみ出さないかチェック
    if blitx + temp_surface.w >= screen_w - pad_r
      blitx = pad_l
      blity += temp_surface.h
      # $stderr.puts "hamideta!"
      # exit 1
    end
  
    # 貼り付ける文字列、貼り付ける場所
    SDL.blitSurface( temp_surface, 0, 0, 0, 0, screen, blitx, blity ) # (3)

    blitx += temp_surface.w
  }
  blitx = pad_l
  blity += temp_surface.h
}

screen.updateRect( 0, 0, 0, 0 ) 

screen.saveBMP( ARGV[3] )

2008-03-15


2008-03-13

YouTube - Extending Gimp: Building Extension Framework of PaintBrush

2008-03-08

[Gimip]
画像ウィンドウのメニューに「Script-Fu」が見つからない場合。

ツールボックスメニューから [ ファイル - 環境設定 ]
[ フォルダ - スクリプト ] で Script-Fu のファイル(*.scm) が入ってるフォルダを追加(または確認+修正)して Gimp を再起動。

メニューに「Script-Fu」という項目が表示されるようになります。 以上。

>> 古い記事: ccMixter、monotonik の曲をまとめて配布してみるテスト
<< 新しい記事: Windows版と Linux版の操作の違いを吸収する Firefoxアドオン 2つ
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。