>> 古い記事: 雑メモ: libsndfile を使ってみた
<< 新しい記事: Linux: ファイルマネージャから Timidity の ncurses インターフェイスで MIDIファイルを再生する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対訳: クリエイティブ・コモンズが営利・非営利の利用法について調査を始めたとのこと

Creative Commons Launches Study of “Noncommercial Use”
クリエイティブ・コモンズが「非営利利用」についての調査を開始

Eric Steuer, 2008-09-18

Today, Creative Commons announced the launch of a research study that will explore differences between commercial and noncommercial uses of content. The study will explore how the definitions of “commercial use” and “noncommercial use” are understood among various communities and in connection with a wide variety of content.

クリエイティブ・コモンズは今日、コンテンツの「営利利用」と「非営利利用」の違いについて模索する調査研究を始めると公表した。 この研究では、「営利利用」と「非営利利用」の定義がさまざまなコミュニティーで、またさまざまなコンテンツとの関わりにおいてどのように理解されているかを探る。

“The study has direct relevance to Creative Commons' mission of providing free, flexible copyright licenses that are easy to understand and simple to use,” said Creative Commons CEO Joi Ito. “The NC term is a popular option for creators choosing a Creative Commons license, and that tells us the term meets a need. However, as exponentially increasing numbers of works are made available under CC licenses, we want to provide additional information for creators about the contexts in which the NC term may further or impede their intentions with respect to the works they choose to share, and we want to make sure that users clearly understand those intentions. We expect the study findings will help us do a better job of explaining the licenses and to improve them, where possible. We also hope the findings, which will be made publicly available, will contribute to better understanding of some of the complexities of digital distribution of content.”

「この調査は、 『分かりやすくかシンプルであり、自由で柔軟な著作権ライセンス』 というクリエイティブ・コモンズのミッションと直接的な関わりを持つ」 とクリエイティブ・コモンズの CEO 伊藤穰一氏は語った。 「『非営利』という条件は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを選択するクリエイターにとっては一般的なオプションであり、ニーズに合っていることが分かります。 ですが、CCライセンスで利用できる作品が指数的に増えるのにともない、 『非営利』がどのような条件のとき 共有のために彼らが選んだ作品へのリスペクトを伴った意図を後押しするか、あるいは妨げるかといった 付加的な情報をクリエイターに対して提供したくなりました。 また、それらの意図を利用者がはっきりと理解できるようにしたいと思っています。 この調査の結果によってうまく条件を示せるようになり、可能な場合はそれらを向上できるようになることを期待しています。 調査結果は公に利用できる形にする予定ですが、 コンテンツのデジタル配布にまつわる複雑さのいくつかをよりよく理解する手助けになればと願っています。 」

You can read more about this news in the press release CC issued this morning.

今朝のプレスリリースで詳細を読むことができる。

Thank you to The Andrew W. Mellon Foundation for its generous support of this study.

調査に対するアンドリュー・W・メロン財団 の全般的なサポートに感謝する。

Creative Commons License
This work by sonota is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
Based on a work at creativecommons.org.

>> 古い記事: 雑メモ: libsndfile を使ってみた
<< 新しい記事: Linux: ファイルマネージャから Timidity の ncurses インターフェイスで MIDIファイルを再生する
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。