>> 古い記事: 選択範囲を外部プログラムで加工するサクラエディタ用JScriptマクロの雛形
<< 新しい記事: ImageStamper: 特定の時点で画像に適用されているライセンスを記録するwebサービス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラエディタ: マクロで選択範囲の SQL文を整形する(要Ruby)

20100319
この記事の方法だとうまく処理できない場合もありますので 「 サクラエディタ: マクロで選択範囲の SQL文を整形する(要Ruby、anbt-sql-formatter使用)」の方をおすすめしておきます。

Rubyスクリプトを使用しますので、インストールしてない場合はまず Rubyインタプリタのインストールが必要です。


日記/2005-11-26 - jitte.net から prettysql-051127.lzh (ミラー @ mediafire)をダウンロードし、 中に入っている prettysql.rb を適当なとこに置く。


prettysql.rb と同じフォルダに Rubyスクリプト prettysql-sub.rb を作り、内容は以下のようにする。

$LOAD_PATH << File.dirname( File.expand_path(__FILE__) )
require 'prettysql.rb'

width = 40 # この幅に合わせて整形する

buf = File.read( ARGV[0] )
obj = Query.new.parse(buf)
puts Query::Printer.new(obj, width).flush

選択範囲を外部プログラムで加工するサクラエディタ用マクロの雛形 の JScriptマクロ をコピペして サクラエディタのマクロ用フォルダに selected-prettysql.js というファイルを作る。

selected-prettysql.js のパス指定の部分を適宜書き換えてできあがり( prettysql-sub.rb を呼び出すようにする)。

以上。

>> 古い記事: 選択範囲を外部プログラムで加工するサクラエディタ用JScriptマクロの雛形
<< 新しい記事: ImageStamper: 特定の時点で画像に適用されているライセンスを記録するwebサービス
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。