>> 古い記事: rubberband のインストール (Ubuntu Studio 8.04)
<< 新しい記事: クラシックのMIDIファイルを2000曲以上 CC BY-NC-SA で配布しているサイト kunstderfuge

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右Alt+Space でウィンドウのメニューが開けなかったのを直した (Ubuntu Studio 8.04)

症状:
  右Alt+Space でウィンドウのメニューを開きたいが、できない。
  左Alt+Space だとできる。
  また、右Alt+F などではメニューバーのメニューも開けない。これも左Altだとできる。

----

まずは、右Alt の keycode を調べる。
xev を実行して右Alt 押す。
keycode = 113 に Alt_R ではなく ISO_Level3_Shift が割り当てられている。

~/.Xmodmap に
  
  keycode 113 = Alt_R

という 1行を追加して
  
  $ xmodmap ~/.Xmodmap

で設定を反映させたが、変化なし。

----

調べてみると、モディファイアキーの設定が必要らしいので ~/.Xmodmap を以下のように修正。
  
  keycode 113 = Alt_R
  add mod1 = Alt_R

設定を反映させると
右Alt+F などでメニューバーのメニューは開けるようになったが、
右Alt+Space はやはり効かない。

----

モディファイアキーの状態はオプションなしで xmodmap を実行すると確認できる。
  
  $ xmodmap
  xmodmap:  up to 3 keys per modifier, (keycodes in parentheses):
  
  shift       Shift_L (0x32),  Shift_R (0x3e)
  lock        ISO_Next_Group (0x42)
  control     Control_L (0x25),  Control_R (0x6d)
  mod1        Alt_L (0x40),  Meta_L (0x9c),  Alt_R (0x71)
  mod2        Num_Lock (0x4d)
  mod3      
  mod4        Super_L (0x7f),  Hyper_L (0x80)
  mod5        Mode_switch (0x5d),  Alt_R (0x71),  ISO_Level3_Shift (0x7c)

Alt_R が mod1 と mod5 で重複しているが原因のように思われたので、
さらに ~/.Xmodmap を以下のように修正。

  keycode 113 = Alt_R
  remove mod5 = Alt_R
  add mod1 = Alt_R

修正後ふたたび設定を反映させると、
右Alt+Space でウィンドウのメニューが開くようになった。
この時点ではモディファイアキーの状態は以下の通り。

  $ xmodmap
  xmodmap:  up to 3 keys per modifier, (keycodes in parentheses):
  
  shift       Shift_L (0x32),  Shift_R (0x3e)
  lock        ISO_Next_Group (0x42)
  control     Control_L (0x25),  Control_R (0x6d)
  mod1        Alt_L (0x40),  Meta_L (0x9c),  Alt_R (0x71)
  mod2        Num_Lock (0x4d)
  mod3      
  mod4        Super_L (0x7f),  Hyper_L (0x80)
  mod5        Mode_switch (0x5d),  ISO_Level3_Shift (0x7c)

以上。

20081201 追記

これで大丈夫かと思ったら、再起動するとやはり無効になっている。

~/.Xmodmap を使わない場合、起動したときはこうなっている。

  mod1        Alt_L (0x40),  Meta_L (0x9c)
  mod5        Mode_switch (0x5d),  ISO_Level3_Shift (0x71),  ISO_Level3_Shift (0x7c)

これを、次の状態に持っていきたい。

  mod1        Alt_L (0x40),  Meta_L (0x9c),  Alt_R (0x71)
  mod5        Mode_switch (0x5d),  ISO_Level3_Shift (0x7c)

なので、
  1. mod5 から ISO_Level3_Shift を外し
  2. keycode 113 に Alt_R を割り当て
  3. mod1 に Alt_R を割り当てる
というようにしたのが以下。

  remove mod5 = ISO_Level3_Shift
  keycode 113 = Alt_R
  add mod1 = Alt_R

あとは、再ログインした際に次のダイアログが出るので
.Xmodmapを選択しておけば自動的に設定が反映される。


参考(外部リンク)


この記事はパブリック・ドメインとします。転載・修正などご自由にどうぞ。

参考(外部リンク)

>> 古い記事: rubberband のインストール (Ubuntu Studio 8.04)
<< 新しい記事: クラシックのMIDIファイルを2000曲以上 CC BY-NC-SA で配布しているサイト kunstderfuge
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。