>> 古い記事: Ren'Py: 付属エディタ(jEdit)の日本語化、フォントのアンチエイリアス
<< 新しい記事: 雑メモ: Ubuntu Studio + ONKYO MA-500U

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ren'Py: 開発者向けtips

エディタボタンを表示

2009-05-23


show_editor_button を True にしておくと、 現在実行中のスクリプトのファイル名と、実行中の箇所の行番号が 画面右上に表示されます。

label start:
    $ show_editor_button = True

また、このボタンを押すと、テキストエディタでそのファイルを開くことができます。

注)使っているフォントによっては文字化けが起こることがあります。

開発者用ツール

通常は options.rpy で最初から設定済みですが、 config.developerTrue にしておくと以下の機能が使えます。

Shift+E

エディタを起動

Shift+D

開発者用メニューを表示

Shift+R

現在表示している部分を再読み込み

Shift+I

スタイルの調査。 L(エル)ではなく I(アイ)です。

Shift+Y

スタイルのダンプを styles.txt に書き出します。

>(Shift+.)

次の選択メニューなどまで高速スキップ

スクリプトの行を指定してワープ(移動)

run_game --warp script.rpy:458
などと指定するらしいのですが、詳細は未確認。

簡単にインデントを調節する

Ren'Py に付属するテキストエディタ jEdit の場合、 範囲(複数の行)を選択して Tab キーで一括でインデントを深くすることができます。 同じように、Shift + Tab キーでインデントを浅くすることもできます。

jEdit に限らず、気の利いたテキストエディタなら大抵は似たような機能が付いていると思いますので、 お使いのエディタのマニュアルなどを見てこの機能が付いているか、 またどのようなショートカットキーが割り当てられているか調べてみてください。

関連記事

参考(外部リンク)


Ren'Py: 記事のもくじ

>> 古い記事: Ren'Py: 付属エディタ(jEdit)の日本語化、フォントのアンチエイリアス
<< 新しい記事: 雑メモ: Ubuntu Studio + ONKYO MA-500U
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。