>> 古い記事: Emacs メモ
<< 新しい記事: Emacs: フェイスをカスタマイズする

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対訳: Lingro: オープンな翻訳とオープン・コンテンツの利用

Lingro: Open Translation
Lingro: オープンな翻訳

Cameron Parkins, 2007-12-10

Lingro, a project that aims “to create an on-line environment that allows anyone learning a language to quickly look up and learn the vocabulary most important to them”, is beginning to look seriously cool. Give it a web page in any language, and it spits the same page back at you with the ability to cross-reference word translations on the fly (see an example of our site with a English-Spanish translation).

学習者にとって最も重要な語彙をすぐに調べ、学ぶことで 誰もが言語を学習することができるオンライン環境を作り出す」ことを目指すプロジェクト Lingro が本気でクールになってきたようだ。 ある言語で書かれたウェブページを Lingro で開くと、単語の訳をその場で相互に参照できるように変換されたページが表示される (英語-スペイン語の変換例はこちら)。

Lingro pools the open-content community (Wikitionary and The Shtooka Project to name two prominent sources), as well as user-contributed CC BY-SA licensed definitions, in order to gather a translation repository that is rich in both breadth and depth. By utilizing open-content and allowing a means to contribute open-content back to the community, Lingro fosters a vibrant cycle of information sharing, creating a resource that has immense potential in terms of education and cross-cultural communication.

Lingro は翻訳リポジトリを広く深く充実させるため、ユーザにより投稿された CC BY-SA ライセンス な定義だけでなく、オープン・コンテントなコミュニティ(有名どころで言えばウィクショナリーShtooka プロジェクト)の資産も利用している。 オープン・コンテンツを利用し、またコミュニティへその成果を還元することにより、Lingro は活気のある情報共有のサイクルを育て、教育と文化間コミュニケーションの面で大きなポテンシャルを持つ資源を生み出す。

Creative Commons License
This work by sonota is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
Based on a work at creativecommons.org.

>> 古い記事: Emacs メモ
<< 新しい記事: Emacs: フェイスをカスタマイズする
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。