>> 古い記事: 対訳: 権利表現 VS 権利強制: AP通信がニュース配信・トラッキング用フォーマットを作り ccREL に言及した件に関して CC がコメント
<< 新しい記事: GBUCの音源ファイルへのダウンロード用リンクを表示するブックマークレット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対訳: 米国政府の CTO が CNET のインタビューで CC に言及

The US Government CTO on Creative Commons
米国政府の CTO が CC に言及

Fred Benenson, September 22nd, 2009

We caught a great interview with the US Government’s CTO, Aneesh Chopra talking about his thoughts on copyright on CNET.

米国政府の CTO(最高技術責任者)である アニーシュ・チョプラ氏が CNETで著作権についての彼の考えについて語っている 素晴らしいインタビューをキャッチした。

When questioned about the future of copyright reform (wait for the video to load and scroll to the 7:30 mark) Chopra mentions how he “embraced the Creative Commons licensing regime” when he worked with the Commonwealth of Virginia to publish their Flexbook platform. Chopra then states that he thinks that it was this experience that really informs his perspective on how intellectual property should be remixed, shared, and reused.

著作権の改修の未来について質問されたとき (ビデオの 7:30 から)、 Flexbookプラットフォームを公開する ためにバージニア州と協力する際に 彼がどのようにして「CC ライセンシングのレジーム(体制)を受け入れたか」 について言及している。 彼はまた、まさにこの体験によって、 知的財産がどのようにリミックスされ、共有され、 再利用されるべきであるかということに関する 見通しを得たと語った。

Needless to say, we totally agree.

言うまでもなく、私たちは全面的に賛同する。

Creative Commons License
This work by sonota is licensed under a Creative Commons Attribution 2.1 JP License.
Based on a work at creativecommons.org.

これがそのインタビュー動画です。

時間表示が「残り時間」になっているので「動画の末尾から 7:30」のあたりから 上述の話が始まります。 会話は英語ですが英語字幕が付いてる(動画の下の「CC」のボタンをクリックすると表示されます)のでリスニング苦手な人も見てみてはいかがでしょう。

参考(外部リンク)

>> 古い記事: 対訳: 権利表現 VS 権利強制: AP通信がニュース配信・トラッキング用フォーマットを作り ccREL に言及した件に関して CC がコメント
<< 新しい記事: GBUCの音源ファイルへのダウンロード用リンクを表示するブックマークレット
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。