>> 古い記事: JsUnit: テスト実行とエラーメッセージ表示をキーボード操作で行う
<< 新しい記事: dvd::rip 手順・設定メモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01: ERMasterのインストール

ERMaster が便利そうなので使いたいと思ったのですが、Eclipse を普段使わない自分には インストールの仕方などが分かりにくかったのでメモ。

とにかく使ってみたい、触って試してみたい、という人向け。

Linux版を使っていますが、Windows版でもほぼ同じだと思います。

環境など

Ubuntu Linux 9.04
Eclipse IDE for Java Developers(Build id: 20090920-1017)
ERMaster 1.0.0.v201001092341

手順

Eclipse Downloads の 「Eclipse IDE for Java Developers (92 MB)」 から eclipse-java-galileo-SR1-linux-gtk.tar.gz をダウンロードして解凍。
自分のやり方が悪かったのかもしれないが、Java EE では ERMaster を使えなかった。


ダウンロード - ERMaster - SourceForge.JP から org.insightech.er_1.0.0.v201001092341.jar (最新版)をダウンロードし、 Eclipse を解凍してできたフォルダの中にある plugins フォルダにそのまま入れる。


Eclipse を起動。


workspace をどこにするか聞かれるので、適当に入力するかそのまま「OK」押す。


「Welcome」というタブが開いた状態で起動するが、このタブは閉じていい。


メニューから File > New > Project...


General > Project を選択して「Next」で次へ。


プロジェクト名を適当に入力して「Finish」でプロジェクト作成完了。


メニューから File > New > Other...


一覧から「ERMaster」を選んで「Next」で次へ。


ファイル名を指定して「Next」で次へ。


データベースの種類を選択。お試しなので何でも良かったのですが、 とりあえず MySQL を選択して「Finish」で新規作成完了。


ここまでの手順でこの画面が表示され、編集できる状態になります。
ermaster-new-4

>> 古い記事: JsUnit: テスト実行とエラーメッセージ表示をキーボード操作で行う
<< 新しい記事: dvd::rip 手順・設定メモ
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。