>> 古い記事: 「エクスプローラで今開いているフォルダ」をショートカットキー一発で ckw+nyacus で開く(2010-03)
<< 新しい記事: ポッドキャストメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emacs Lisp メモ / アドバイス: C-x 2 した後で開いたウィンドウに自動的に移動する

「開いたウィンドウに移動する」は other-window(C-x o)。 これを、C-x 2(split-window-vertically)を呼んだ後で自動的に実行するようにしたい。

とりあえずフックが使えるかどうか調べてみようと split-window-vertically のヘルプを 見てみたが、できるかどうかちょっと分からなかった。

そこで、フックに似た仕組みである「アドバイス」という機能を使う方向で調べてみたところ、 次のようになった。
「split-window-vertically の『後に』other-window を実行する」 の「後に」の部分は「after」で指定する。


(defadvice split-window-vertically
  (after other-window-after-split-window-vertically activate)
  (other-window 1))
(ad-activate 'split-window-vertically)

同じ要領で「C-x 3(split-window-horizontally)の後で other-window」もできる。

>> 古い記事: 「エクスプローラで今開いているフォルダ」をショートカットキー一発で ckw+nyacus で開く(2010-03)
<< 新しい記事: ポッドキャストメモ
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。