>> 古い記事: 対訳: オープンソース・ソフトウェア教育 / teachingopensource.org
<< 新しい記事: 雑メモ: タグ、属性、集合(書きかけ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCブログ対訳: education landing page とウィキプロジェクト

Creative Commons & Education Landing Page And Wiki Project
education landing page とウィキプロジェクト

Mike Linksvayer, 2010-04-07

Today we launched two important resources for anyone interested in Creative Commons and education.

わたしたちは今日 クリエイティブ・コモンズと教育に関心を持つ人にとって 重要なリソースを 2つ公開した。

First, there's an education landing page prominently linked from our home page. Its goal is to quickly introduce our site visitors to the vast number and range of Open Educational Resources (OER) available for use as well as the role of Creative Commons licenses in enabling OER to reach its potential. We'll be testing various iterations of this page in the coming months as well as add further assets (e.g., video) to make it an effective introduction to OER for the general public.

まず creativecommons.org のホームから目立つように education lading page へのリンクを張った。 利用可能になっている OER の膨大な量・カバー範囲と、 OER がそのポテンシャルにリーチする際に CCライセンスが果たす役割を 手早くサイト訪問者に紹介するのが目的だ。 これからの数ヶ月でこのページのさまざまな繰り返しを試すと同時に、 OER を公衆に効果的に紹介するため 動画などさらなる資産を追加する予定だ。

The landing page also features a number of links for anyone who wants to learn more about OER & CC and/or wants to contribute their own knowledge. Most of those links point to the OER Portal/Project on our wiki. Our goal for this section is for our community to add useful information about OER as well as help curate this information. Ultimately, we hope processes for curating such information (e.g., a rating system for OER case studies) will develop, looking at the Wikipedia WikiProjects as an inspiration. Please dive in and help, from small corrective edits to designing and documenting curation processes.

また、landing page では OER と CC についてもっと学びたいと思っている、 また自身の知識によって貢献したいと思っている すべて人のために多くのリンクを取り上げる。 そうしたリンクのほとんどは Creative Commons Wiki の OERポータル/プロジェクト を指している。 この節の目的は コミュニティのために OER に関する有用な情報を加え、 この情報を curate するのを手伝うことだ。 ウィキペディアのウィキプロジェクトにインスピレーションを受けつつ、 最終的にはこうした情報を curate するためのプロセス (たとえば OER の事例の評価システム) が生まれることを望む。 小は誤りを修正することから大は curation の過程をデザインし文書化することまで、 ぜひ参加して手伝ってほしい。

These new resources are in-line with the education plans we posted about at the end of January. Watch here for more!

これらの新しいリソースは 1月の末に投稿した 教育プランの延長線上にある。 詳細についてはこれをチェックしてほしい。

Creative Commons License
This work by Mike Linksvayer (original English text) and sonota (Japanese translation) is licensed under a Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.
Based on a work at creativecommons.org.

参考(外部リンク)

>> 古い記事: 対訳: オープンソース・ソフトウェア教育 / teachingopensource.org
<< 新しい記事: 雑メモ: タグ、属性、集合(書きかけ)
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。