>> 古い記事: CCブログ対訳: education landing page とウィキプロジェクト
<< 新しい記事: 雑メモ: オレオレフィードリーダ(書きかけ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑メモ: タグ、属性、集合(書きかけ)

適当なメモ。気が向いたら加筆・修正したりするかも。


■ 属性とは何か / タグ

属性という言葉の「属」は「属す」という動詞があるように、
「何かが何かに属す」または
「何かが何かに含まれる」という関係・状態を表す。

(属性の「性」は「性質」「特性」の「性」?)

一方「要素 A に Bという属性を加える/与える」などという言い方もする。
この言い方の場合、
自分が持っていたタグのイメージに近い。
つまり「B と書かれたタグ(=荷札のようなもの)」を要素 A に紐でくくりつけ、
要素 A にタグ B がぶらさがっている、くっついているというイメージ。

だが、この見方は一面的なものでしかない。

視点を変えると、
要素 A を集合 B に加えていることになる。


視点を変えると、と言ったが、これらは同時に起こっていて、
「要素 A にタグ B を付ける」事はイコール「要素 A を集合 B に入れる」事であり、
同時・自動的に
「要素 A を集合 B に入れる」事はイコール「要素 A にタグ B を付ける」事である。

ネッカーキューブの表と裏のような関係。

■ 表現について

字面の上での
  「要素 A が属性(タグ)B を持っている」
  「要素 A に属性(タグ)B が付いている」
という表現と
  「要素 A が集合 B に属している」
という表現が指すものの実態は同じ。

「A にタグ B を付けるが、集合 B に A を入れない」
ということは不可能。
表現上異なる 2つの操作・状態は実態は同じなので分離できない。

たとえば、リンゴが「赤い」という属性を持っている場合、
リンゴは自動的に「赤い物の集合」に入っていることになる。



■ UI

そんな説明されても、理屈では分かるような気がするけど
「A にタグ B を付ける」ことが「A を集合 B に入れる」ことと同じだと
やっぱり直感的にピンとこないという場合は次のような UI を想像してみるといい。

領域 B にファイル A をドラッグ&ドロップすると
ファイル A に「B」というタグが付く

このようなUIを持つソフトウェアはすでに存在している
(あったはず……)。

ディレクトリ型の分類ではすでにありふれたものになっている
このような UI はなぜタグ型分類ではあまり見かけないのか?

HTML5 でドラッグ&ドロップができるようになると
ウェブでも集合としてのタグを意識した UI が
より一般的になるかも?



■ タグを付けると何ができるのか

基本的な操作の例として、集合としてくくり出せる。

Javascript なら
  universe.getElementsByTagName("B");

SQL なら
  select * from universe where tag = 'B'

タグと集合が同じものなら、
「集合に対して行える操作」を
タグに対しても全く同じように適用できる。


■ 集合を荷札モデルで

一見集合に見えるものを荷札モデルで捉え直してみる。

たとえばある SNS で A さんが
グループ(mixi で言うところのコミュニティ) B に入った場合、
同時に「A さんにタグ B が付いた」事になる。

もう少し具体的に置き換えてみる。
A さんがグループ「フォークソノミー」に入ると、
A さんに「フォークソノミー」というタグが付く。
もう少し解釈を加えると「フォークソノミーに関心がある」というタグが付く。

タグが要素を説明している。

A さんが属しているグループ一覧を見れば、
A さんがどのような人なのか分かる。

(多少脱線気味になるが、SNSのたとえでは
ユーザ(=要素)自らが自身の持つ性質について判断し
「自分で自分にタグを付けている」と表現してみると
また少しおもしろい)


■ なぜタグが集合として意識されないか

よく知らないけど、
数学とかそっちの世界では当たり前すぎて
「なんで今さら?」な話題なんじゃないかとも思う。

* タグの入門者向け解説などで
  「タグとは荷物に付ける荷札のようなもので~」
  と言われて刷り込まれる?

* ウェブサービスなどで現在一般的な UI によって
  刷り込まれている?

* 集合が(荷札モデルと比べると)概念として難しく理解しにくい
  (直感に反する、想像しにくい)?


■ RPG における属性

よく「○○というモンスターは水属性だから~」という
書き方がなされるが、これは何なのか。

単に「水属性」と言っても、その中身を考えてみると
* 水を使った攻撃に強い
* 雷を使った攻撃に弱い
という 2つが「水属性」という一語にまとめられている。

似たような話で、
はてなキーワードの「妹属性」には次のような説明がある。

妹的なキャラクターに萌える趣向や、性癖を持った人達のこと。 あるいは、妹萌えを喚起させる女性の特徴や、そのような女性のこと。
この場合は * 妹的なキャラクターが好き * 妹萌えを喚起させる女性の特徴 という 2つが「妹属性」という一語にまとめられている。

>> 古い記事: CCブログ対訳: education landing page とウィキプロジェクト
<< 新しい記事: 雑メモ: オレオレフィードリーダ(書きかけ)
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。