>> 古い記事: Script-Fu: すべてのレイヤーに対する処理(よく使うもの)を簡単に呼び出せるようにした
<< 新しい記事: Script-Fu でライフゲームを作ってみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gimp メモ: MIDI機器を入力コントローラとして使ってみた

試してみたので簡単にメモ。

Ubuntu Linux 9.04
Gimp 2.6.6
KORG nano key(MIDIキーボード)

「デバイス」に /dev/midi2 を指定(自分の環境では)。

「このコントローラからのイベントをダンプ」にチェックを入れると
note number などの情報が標準出力に出る。

あとは note number に対して機能を割り当てて使う。
たとえば「4オクターブのドのキーを押すとレイヤー境界が表示される」
といったことができる。

note number だけではなく
コントローラ 000~127 も使える。

通常のPCのキーボードへのショートカット割り当てと違って
note on と note off が個別に使えるので、たとえば
「鍵盤のキーを押している間だけレイヤー境界を表示して、離すと非表示にする」
みたいなことができるのがちょっと面白い。
他にも「キーを押している間だけ消しゴムツールになる」とか、
おもしろい使い方があるかもしれない。

自作の Script-Fu も割り当て可能。

その他の Gimp 関連記事へ

>> 古い記事: Script-Fu: すべてのレイヤーに対する処理(よく使うもの)を簡単に呼び出せるようにした
<< 新しい記事: Script-Fu でライフゲームを作ってみた
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。