>> 古い記事: 日本のネットレーベルのポッドキャスト配信状況を調べてみた
<< 新しい記事: 日本の国会議員のサイトでCCLが使われているか調べてみたが、どこも使っていなかった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefox のアドオン Operator は何をやってくれるの? を適当に説明してみる

※ マイクロフォーマットについては割愛
※ オレオレ理解なので間違ってる部分があるかもしれません


Operator がやってくれるのは、

  • (1) ウェブページ中にある各種マイクロフォーマットのデータを抽出
  • (2) 抽出したデータを使って処理を行う(他のウェブサービスの API に渡すなど)

基本的にこの 2つです。

上記の (1) (2) は分離されてモジュール化されています。 そのため、最小限の手間(個別のモジュールを用意するだけ)で さまざまなマイクロフォーマット、 さまざまな処理の組み合わせに対応させることができます。

たとえばウェブページから hCalendarデータ(イベントの日時などの情報)を抽出し、 Google カレンダーの API に渡して予定を登録したいが

  • hCalendarデータ抽出用のモジュールはある
  • Google カレンダーの API に渡すモジュールはない

という場合、 hCalendarデータ抽出用のプログラムを再発明する必要はなく、 Google カレンダーの API に渡すモジュールだけ用意すれば良いわけです。

実際のところは 「hCalendarデータ抽出用のモジュール」も 「Google カレンダーの API に渡すモジュール」も デフォルトで用意されているので、 hCalendarデータを抽出して Google カレンダーの API に渡したいなら 単に Operator を使ってマウスをポチポチするだけで済みます。 Greasemonkey スクリプトなどを自分で書いて対応する必要はありません。

関連記事

参考(外部リンク)

>> 古い記事: 日本のネットレーベルのポッドキャスト配信状況を調べてみた
<< 新しい記事: 日本の国会議員のサイトでCCLが使われているか調べてみたが、どこも使っていなかった
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。