>> 古い記事: 日本の国会議員のサイトでCCLが使われているか調べてみたが、どこも使っていなかった
<< 新しい記事: (書きかけ)Ruby 1.9.x メモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ruby: 文字列と unicode escape sequence(\uXXXX形式) を相互変換

以下は Ruby 1.8.7、 json_pure 1.4.6 の組み合わせで確認しました。 Ruby 1.9系でも同じように動くようです。

ただし、JSON.utf8_to_json_ascii はユーザが直接呼び出すことを想定していないように見えるので、 クリティカルなところで使うのは危ないかもしれません。


# -*- coding: utf-8 -*-
require "rubygems"
require "json/pure" # gem install json_pure

escaped = JSON.utf8_to_json_ascii("abc123あいう")
p    escaped #=> "abc123\\u3042\\u3044\\u3046"
puts escaped #=> abc123\u3042\u3044\u3046

unescaped = JSON.parse( %Q{["#{escaped}"]} )[0]
p    unescaped #=> "abc123\343\201\202\343\201\204\343\201\206"
puts unescaped #=> abc123あいう

関連記事

参考(外部リンク)

>> 古い記事: 日本の国会議員のサイトでCCLが使われているか調べてみたが、どこも使っていなかった
<< 新しい記事: (書きかけ)Ruby 1.9.x メモ
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。