>> 古い記事: (書きかけ)Ruby 1.9.x メモ
<< 新しい記事: ローカルファイルシステムのファイルをHTTPで取得できるようにする(Ruby/WEBrick)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yapra メモ

すいません、ぜんぜん整理されてません。 書きかけです。気が向いたら追記・修正などします。

インストール

gem install yapra

簡単。

Feed::Custom の apply_template_after_extracted

2010-02-23 / Ruby 1.8.7 / Yapra 0.1.4

"<%= title %>" だと
NameError in 'undefined local variable or method `title' for #<Yapra::Plugin::Feed::Custom:0xb6f32b5c>'
などと言われるので、
"<%= item.title %>" のように item. を付ける。

実行中の plugin の中で他の plugin を呼び出す

他の plugin の呼び出し - yapra | Google グループ

-d (--configfile-direcotry)

2011-02-01

設定ファイルをディレクトリに入れて -d で指定するとまとめて実行してくれる。
参考: とりあえずネタ振り的なものを - yapra | Google グループ

XPath の確認方法

とりあえず 2つだけ。

Ruby 1.9.2 + Yapra 0.1.3 での動作

2010-01-13 とりあえず RSS::load/save だけで試したところ、 2、3ヶ所修正するとエラーを出さずに動いた。

2011-01-20 本家に反映してもらえました → Commit 8d130c03fc6a4c3379624c5178818b3574029d23 to yuanying's yapra - GitHub

プラグインのディレクトリ

とりあえずネタ振り的なものを - yapra | Google グループ から引用:

今のところ、yapra本体にあるpluginディレクトリは、

- legacy_plugin: pragger 由来のプラグイン
- plugin: pragger作法のプラグイン
- lib-plugin: クラスベースのプラグイン

と、分けておいていますが自作のプラグインは基本的に自分で管理
することになると思います。

クラスベースのプラグインならばLoadPathが通った場所にあ
ればいいので、
一番良いのは gem にしてインストールするか、
もしくは自分で site_ruby ? とかに置くことになると思います。

legacyなプラグインは基本的に自作しない方向で、
もし使うことになったら yapra の -p オプションで明
示的に指定。 

プラグインを gem のディレクトリに置きたくない

プラグインを好きなディレクトリに置いて yapra のオプション -p (--plugindir) で指定する。

たくさん出るエラーメッセージのようなものについて

実行すると次のようなメッセージがずらずらと出るが、 "WARN" とある行は警告で、たとえば Googleカレンダーを使わない場合でも 「Feed::google_calendar がないよ」というメッセージが出たりしている。 そもそも関係ないので無視してオッケー(だと思う)。

W, [2010-09-21T04:43:02.684261 #28748]  WARN -- : Feed::google_calendar can't load, because: no such file to load -- gcalapi
W, [2010-09-21T04:43:02.689784 #28748]  WARN -- : Feed::hatena_graph can't load, because: no such file to load -- hatena/api/graph
W, [2010-09-21T04:43:02.723983 #28748]  WARN -- : Publish::google_calendar can't load, because: no such file to load -- gcalapi
...

じゃあ warn の行だけフィルタすればいいじゃない、ということで yapra -c foo.yaml 2>&1 | grep -v -i warn とするといいのかもしれないが、 見えていた方がいい警告まで除外されてハマったりするのも嫌なので結局は気にしないのがいいのかも。

追記: --log-level オプションも参照

エラーへの対処

--log-level オプションを使う。

パイプライン

参考: 他の plugin の呼び出し - yapra | Google グループ

関連記事

参考(外部リンク)

>> 古い記事: (書きかけ)Ruby 1.9.x メモ
<< 新しい記事: ローカルファイルシステムのファイルをHTTPで取得できるようにする(Ruby/WEBrick)
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。