>> 古い記事: (solved)Ruby/Webrick/CGI: cgi_runner.rb:47:in `exec': Permission denied ... (Errno::EACCES)
<< 新しい記事: Windows でなんちゃって locate

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SQuirreL SQL Client をインストールして SQLite3 に接続

環境: 

Ubuntu Linux Desktop 10.10

java -version
  java version "1.6.0_26"
  Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_26-b03)
  Java HotSpot(TM) Server VM (build 20.1-b02, mixed mode)

ランタイムは
/usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java

SQuirreL SQL のインストール

SQuirreL SQL Client - Browse /1-stable at SourceForge.net
から squirrel-sql-3.3.0-optional.tar.gz をダウンロードして解凍。

今回は ~/foo 以下に置き、squirrel-sql.jar が
~/foo/squirrel-sql-3.3.0-optional/suirrel-sql.jar
となるようにしました。


squirrel-sql.sh で起動。

スクリーンショット撮る都合で ここでルックアンドフィール、フォントのみ変更。
2012-03-09 23:51:04

一旦終了。

ドライバの設定

SQLiteJDBC – Xerial – Trac
の「Download the latest version of SQLiteJDBC from here.」 のリンクからドライバをダウンロード。 今回は sqlite-jdbc-3.7.2.jar を使いました。

~/foo/squirrel-sql-3.3.0-optional/sqlite-jdbc-3.7.2.jar
として保存。

起動して メニュー>Windows>View Drivers でドライバーペインを開き、 メニュー>Drivers>New Drivers...
2012-03-09 23:55:02
Extra Class Path でさっき保存した jar を指定。

名前: JDBC SQLite
サンプルURL: jdbc:sqlite:<alias>
ウェブサイトURL: http://www.xerial.org/trac/Xerial/wiki/SQLiteJDBC
クラス名: org.sqlite.JDBC

うまく認識されるとこのように表示されます。
2012-03-09 23:57:59

エイリアスの設定~接続

メニュー>Windows>View Aliases
メニュー>Aliases>New Aliases...
2012-03-10 00:02:07
2012-03-10 00:05:39

接続できました。
2012-03-10 00:09:00

日本語のデータも表示できてます。
2012-03-10 00:11:15

UIを日本語にするとこんな感じ。
2012-03-10 00:17:38

ちなみにフォント設定はこんな
2012-03-09 22:28:37

関連記事

参考

>> 古い記事: (solved)Ruby/Webrick/CGI: cgi_runner.rb:47:in `exec': Permission denied ... (Errno::EACCES)
<< 新しい記事: Windows でなんちゃって locate
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。