>> 古い記事: ImageMagick convert: -cloneオプションのメモ
<< 新しい記事: 雑記: 2007-07b

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Script-Fu: 決め打ちでレベル補正

; fixlevels.scm

(define (script-fu-fixlevels img drawable)
  ; アンドゥしたらここに戻る
  (gimp-image-undo-group-start img)
  
  ; レベル補正
  ; 最後の5つの引数は 入力レベル黒、白、中間(灰色)、出力レベル黒、白
  (gimp-levels drawable 0 66 194 1 0 255)

  ; 表示に反映
  (gimp-displays-flush)
  
  ; ここまでがアンドゥの対象
  (gimp-image-undo-group-end img)
)

(script-fu-register
  "script-fu-fixlevels"
  "<Image>/Script-Fu/misc/決め打ちレベル補正" ; このスクリプトのメニュー位置
  "決め打ちでレベル補正" ; このスクリプトの説明
  "haraita" ; 作者名
  "(c) 2007" ; コピーライト
  "2007-05-27" ; 日付
  "RGB*, GRAY*, INDEXED*"  ; スクリプトが動作可能なモード
  SF-IMAGE "Image" 0       ; 引数1
  SF-DRAWABLE "Drawable" 0 ; 引数2
)
引数 3~7 に関しては次の図のように対応していますので、 いつもレベル補正する要領で指定すると良いでしょう。

引数 2 で指定するチャンネルに関しては以下のように対応しています。
0  GIMP_HISTGRAM_VALUE  明度
1  GIMP_HISTGRAM_RED    赤
2  GIMP_HISTGRAM_GREEN  緑
3  GIMP_HISTGRAM_BLUE   青
4  GIMP_HISTGRAM_ALPHA  アルファ

Gimp: 記事のもくじ

>> 古い記事: ImageMagick convert: -cloneオプションのメモ
<< 新しい記事: 雑記: 2007-07b
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。