>> 古い記事: 紹介: 小さなサンプル加工に最適な波形編集ソフト Yamaha TWE
<< 新しい記事: Gimp: イメージやアクティブなレイヤー/チャンネル の PDB ID をタイトルバーやステータスバーに表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gimp: スキャンした文書などの画像の傾きを修正し水平にする

2011-11-13 追記: この方法よりもっとお手軽な方法がありました。 こっちの方がおすすめです。 → Gimp: スキャンした文書などの画像の傾きを修正し水平にする(2)


ペラペラの紙に印刷された文書などを適当にスキャンすると 程度の大小はあれ傾いて取り込まれがちです。 あれを Gimp でちょちょいと補正する方法。

要は角度を測ってその角度を元に回転させるだけでして、 その手順の解説です。



これがスキャンした画像だとして、 まずは 定規ツール で角度を測ります。

(1)でマウスクリックしてボタンを押したままドラッグし、 文章の行の傾きと定規が引っ張っている線が平行になるように合わせ、
これで大丈夫と思ったら(2)でボタンを離します。
離したらステータスバーの表示(3)で何度傾いているか確認し 数字を覚えます。 「よんてんさんきゅう、よんてんさんきゅう、」などと声に出すのもいいかもしれません。

次に 回転ツール を選んで画像ウィンドウの中をクリックするとダイアログが出ますので、 さっき覚えた角度を入力し、右下の「回転」を押して出来上がりです。

水平になりました。


Photoshop では角度を測ったあとで回転のダイアログを開くと さっき測った角度がすでに入力済みになっている、という仕組みになっていて (少なくとも昔使った時はそうでした)、 最初にそれに気付いたときに「すごい!気が利いてる!」 と嬉しくなったのを覚えています。
上で書いている手順のうち 「角度を覚える」と「数字を入力」が要らないわけです。
えーと要するに Gimp でもぜひ取り入れてもらいたいなと。

>> 古い記事: 紹介: 小さなサンプル加工に最適な波形編集ソフト Yamaha TWE
<< 新しい記事: Gimp: イメージやアクティブなレイヤー/チャンネル の PDB ID をタイトルバーやステータスバーに表示する
** ホームに戻る

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。