>> 古い記事: 雑メモ: Firefox Tips、アドオンなど
<< 新しい記事: 紹介: 小さなサンプル加工に最適な波形編集ソフト Yamaha TWE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紹介: Kana GT: なぜか Ogg Vorbis も再生できる MP3プレイヤー


以前使っていた iriver T20(以下 T20 と書いてたらこれ)を紛失してしまったため、 何かつなぎに使える携帯音楽プレイヤーはないかと 電気店で買ったのが GREEN HOUSE Kana GT(512MBモデル、購入価格 5980円)。
これが意外に面白かったというか軽く衝撃的だったので簡単に紹介してみます。

こちらが求める要件はこんな感じ。

- 電源は電池ではなくバッテリー
- USBマスストレージとして使える
    データの持ち運びに使いたいというよりは
    専用ソフトのインストールは鬱陶しい、
    ファイルマネージャでポイポイ放り込みたい、
    プラットフォーム依存は嫌、ということ。
- Vorbis 対応なら嬉しいけど、ダメならしょうがない
    MP3だけでもとりあえず可。つなぎなので。
- 最低限 512MBあればいいかな
- 携帯プレイヤーなので音質は普通でOK
- 最低限の動作保障

低予算なのでそれ以外は割とどうでもいいという方向で。

というわけで自分が行ったお店の店頭に並んでいたもののうち 最も条件に合っていそうなのがこの Kana GT でした。 しかしグリーンハウスGREEN HOUSE)なんてメーカー・ブランドは 聞いたことありませんし、正直なところ動作保障の面で迷いました。 ちなみに MADE IN CHINA。

が、FMトランスミッタ内臓というとこに惹かれて買うことに決めました。 しかもカーシガレットUSBアダプタも同梱! それで 5980円 とはなんともアレゲです。 もとい、安い!

以下、内容物リスト。

- 本体
- ストラップ+ヘッドホン
- カーシガレットUSBアダプタ(12V車専用)
- USBケーブル(アダプタと本体を繋ぐためのもの)
- FM波送信用のアンテナ
- 取扱説明書
- 1年間保証書

本体と FM波送信用アンテナ。
本体デザインは妙な冒険したりせず
そこそこシンプルで悪くないと思います。
アンテナはミニジャックに差します。


ストラップとヘッドフォン


カーシガレットUSBアダプタにUSBケーブルをつないだところ


上面のボタン。
左から音量-、音量+、録音、メニュー、
送り(前)、送り(次)、再生・停止


何はともあれファイルを放り込んで聞いてみます。 付属のヘッドホンはさすがに音がこもってますが、 これは最初から期待していなかったので特に問題なし。 自分で好きなのを使うことにします。

ボタンの操作感はそう悪くなく、 押すとちゃんと「カチッ/ペコッ」という手ごたえがあって割と固め。 ただ、感触だけじゃなくて音も出るので、 図書館などの静かな場所でカチカチペコペコとボタン操作すると 周りの人が気にするかもしれません。
ちなみに T20 は「押せたのかどうか分からない」ボタンだったのでちょっと不便でした。

なぜか Ogg Vorbis も再生できる

上述の要件には含めませんでしたが、 録音機能はあればあったでたまに使うので これも嬉しかった点。

それではと録音フォーマットを選ぶ画面を何の気なしに見てみたところ、

えぇー「VOR」ってめちゃくちゃ怪しいんですけど、ひょっとして・・・ 気になって説明書を見ても WAV と ACT については説明があるのですが VOR については全く記載なし。 (ちなみに「.act 形式のファイルは本製品独自のファイル形式のため、 本製品以外では再生できません」とのこと。また、「VOR」は 8K も選べます)

いや、まさかな・・・と思いつつ Vorbis ファイルを放り込んでみたら、

なんと再生されるではありませんか!

えwwwwちょwwwそれってなんかタナボタすぎですwww
なんというサプライズwww
(いや、まあエンコーダだけあってもデコーダがなけりゃ録音したものが再生できない訳で、 そう考えれば不思議ではないんですが・・・)

でもやっぱりどこを見ても Vorbis 再生可能とは書いてない。

(1) 「Vorbis なんてマイナーフォーマットについてわざわざ書かなくてもOK」 と判断。対応OSに Windows以外書かれてないのと似たようなもの?
(2) 公式サポート外。流通しているものの中には Vorbis再生不可なものもある。 隠し機能的な位置付け。
(3) DRM肯定派?への配慮。日本で販売するための措置。

などと考えましたが・・・実際のところはグリーンハウスに聞いてみないことには分かりません。 iriver は Vorbis対応を売りの一つにしてますから (3) はなさそうですが。 (1) ですかね。

そういうことなので、この記事を見て Vorbisを聞くために 買ってみたのに再生されない、なんてこともあるかもしれません。 ご注意ください。

[追記 071014]
コメントでご指摘いただきました。

「VOR」というのは Voice Operated Recording の略で、 静かな時に録音を一時停止し、音や声を感知したときだけ録音することで 長時間録音できるようにするための仕組み…だそうです。 ICレコーダなどでよく使われる技術のようです。 voice operated recording vor - Google 検索

確かめてみたところ実際そのように動作します(マニュアルにも説明ありましたorz)。 さらに録音されたファイルの形式を見てみたところ、 「32K VOR 良質音声録音」は拡張子 wav、「8K VOR 連続音声録音」は act でした。

という訳なので、Ogg Vorbis での録音はできません。 WAV、ACT とファイル形式が並んでいたのでてっきり VOR も録音フォーマットの Vorbis だろうと思い込み、 ちゃんと調べてませんでした。

気になるところ

サプライズについてはここまでとして、 次は今のところ気になった/不満な点、 「ここがこうなってたら良かったのに・・・」と思う点。
個人的には切実に困る/耐えられない程致命的にイヤというものではありませんし、 あくまで価格との兼ね合いで見れば「こんなものかな」と思える程度だと思います。

(1) 再生時、停止時にノイズが入る - ジャックを入力端子に差したときに 聞こえるようなやつですが、「ブツッ」「ブチッ」ではなく「ズモッ」みたいな、 低くこもった音。 連続再生時の曲間、曲送りのときは大丈夫。

(2) 「ホールドボタン」が無い。 上でも書いたようにボタンが固めなので大丈夫そうな気もしますが。

(3) FM波送信の有無の切り替え - バッテリーを浪費しないように切り替えられるところはナイスなのですが、 メニュー操作で行うようになっているため、 切り替えのために最低でも 5回はボタンを押す必要があります。 これは本体外側の物理スイッチで切り替えできるようにしてもらいたかったですね。

(4) USB端子をスライドさせて出し入れできるが、 差そうとして押し込むと引っ込んでしまう → 手で押さえる必要あり。

(5) タグの文字化け - まあこれはプレイヤー側だけの問題ではありませんが・・・ 気が向いたらもうちょっと調べてみるかも。

その他、補足

再生スピード変更機能

きちんと調べた訳ではなくあくまで印象なのですが、 75%~150% くらいの範囲で変更できている気がします。 少なくとも半分、2倍のスピードにはできないと思います。 スピード変更時の音質もそう悪くないと感じました。 低速側で多少ブルブル震えますが 個人的には十分許容範囲内ですし、 高速側は自然です。
ちなみに、Vorbis は再生スピード変更できませんでした。

FMトランスミッタの機能

実際車で試してみたところ 付属の小さなアンテナだけだと雑音が気になりました (もちろん置き場所や角度でも変わる)。 本体やアンテナに手で触れていると(走行中ならば全然気にならないくらいに)静かになるので、 適当にアンテナを伸ばしてやればなんとかなりそう。
というかヘッドフォン差しっぱなしにしとけばアンテナ代わりになるので それで問題なさそうです。

USBで充電しながらの操作・再生が可能

余談ですが T20 では接続中は再生できなかったんですよね。 できるのが普通なんでしょうか?

Linuxで使う

あと、当たり前ですが Linuxでもちゃんと認識してくれて使えます。 とりあえず Ubuntu Linux 7.04 で確認。

型番

本体裏のシール。

とりあえずまとめ

多少気になるところはありますが、 上でも書いている通り価格に対してこの充実ぶりは驚異的、 ということで総合的にはかなり満足しています。

あとはバッテリーの性能が落ちてくるとか突然動かなくなるとか 夏はダメとか、 いろいろ起こるかもしれませんが 今のところは未知数ということで。

追記 070628

- USB端子を差しこもうとすると引っ込む
- ストラップのヒモが通しにくい
という 2点についてブログ「想始創愛」さんのとこでも書かれています。
ちなみに、自分はクリップをラジオペンチで曲げて
釣針のようなものを作り、それでストラップのヒモを
引っ張り出し、ちょっとわびしい気分になりました。

ポータブルオーディオプレーヤー”KANA-GT”鵲的第一印象~お手軽利用編2~
http://kasasagicrazyforlove.blog50.fc2.com/blog-entry-78.html

また、MP3 のタグとランダム再生についても以下のエントリで触れられています。

ポータブルオーディオプレーヤー”KANA-GT”鵲的第一印象~ちょいと気づいた編~
http://kasasagicrazyforlove.blog50.fc2.com/blog-entry-83.html

うーん。ランダム再生は自分も妙だなと思ってましたが、
そういうことでしたか・・・

>> 古い記事: 雑メモ: Firefox Tips、アドオンなど
<< 新しい記事: 紹介: 小さなサンプル加工に最適な波形編集ソフト Yamaha TWE
** ホームに戻る

コメント

  1. voice operated recording #mQop/nM. |
  2. 2007/10/14(日) 08:50:09 |
  3. URL
  4. [ 編集]
録音形式の選択肢にあるVORは
vorbis でなく
voice operated recording の略のようですよ。
声がしたときだけ録音して
無音状態では自動的に録音を一時停止するという。
実際そのように動作しますから。

でも確かにoggも再生できますね。
  1. sonota #X9FshhZ2 |
  2. 2007/10/15(月) 00:32:33 |
  3. URL
  4. [ 編集]
おっしゃる通りのようですね。
本文中に追記させてもらいました。

「VOR」という言葉を知らなかったのに加えて Vorbisが再生できた驚きで妙な思い込みにはまってました。
「VOR」で検索して来られる方が多いので変な感じはしてたんですよね……。

ご指摘どうもありがとうございました。
  1. voice operated recording #- |
  2. 2007/10/16(火) 06:40:11 |
  3. URL
  4. [ 編集]
どういたしまして

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。