<< 前のページ | 次のページ >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows でなんちゃって locate

なんちゃって updatedb(myupdatedb.bat):


@echo off
set MYLOCATE_DB=%HOMEPATH%\mylocate_db.txt
dir /b /s c:\ > %MYLOCATE_DB%
rem dir /b /s d:\ >> %MYLOCATE_DB%

なんちゃって locate(mylocate.bat):


@echo off
grep "%1" %HOMEPATH%\mylocate_db.txt

関連記事

SQuirreL SQL Client をインストールして SQLite3 に接続

環境: 

Ubuntu Linux Desktop 10.10

java -version
  java version "1.6.0_26"
  Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_26-b03)
  Java HotSpot(TM) Server VM (build 20.1-b02, mixed mode)

ランタイムは
/usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java

SQuirreL SQL のインストール

SQuirreL SQL Client - Browse /1-stable at SourceForge.net
から squirrel-sql-3.3.0-optional.tar.gz をダウンロードして解凍。

今回は ~/foo 以下に置き、squirrel-sql.jar が
~/foo/squirrel-sql-3.3.0-optional/suirrel-sql.jar
となるようにしました。


squirrel-sql.sh で起動。

スクリーンショット撮る都合で ここでルックアンドフィール、フォントのみ変更。
2012-03-09 23:51:04

一旦終了。

ドライバの設定

SQLiteJDBC – Xerial – Trac
の「Download the latest version of SQLiteJDBC from here.」 のリンクからドライバをダウンロード。 今回は sqlite-jdbc-3.7.2.jar を使いました。

~/foo/squirrel-sql-3.3.0-optional/sqlite-jdbc-3.7.2.jar
として保存。

起動して メニュー>Windows>View Drivers でドライバーペインを開き、 メニュー>Drivers>New Drivers...
2012-03-09 23:55:02
Extra Class Path でさっき保存した jar を指定。

名前: JDBC SQLite
サンプルURL: jdbc:sqlite:<alias>
ウェブサイトURL: http://www.xerial.org/trac/Xerial/wiki/SQLiteJDBC
クラス名: org.sqlite.JDBC

うまく認識されるとこのように表示されます。
2012-03-09 23:57:59

エイリアスの設定~接続

メニュー>Windows>View Aliases
メニュー>Aliases>New Aliases...
2012-03-10 00:02:07
2012-03-10 00:05:39

接続できました。
2012-03-10 00:09:00

日本語のデータも表示できてます。
2012-03-10 00:11:15

UIを日本語にするとこんな感じ。
2012-03-10 00:17:38

ちなみにフォント設定はこんな
2012-03-09 22:28:37

関連記事

参考

(solved)Ruby/Webrick/CGI: cgi_runner.rb:47:in `exec': Permission denied ... (Errno::EACCES)

簡単なCGIを使いたくて昔書いたやつから適当にコピペして動かしたら 次のようなエラーメッセージが出て Internal Server Error になった。

2012-02-10 22:45:16] ERROR CGIHandler: /home/user/webrick-test/www/cgi/hello.rb:
/home/user/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p180/lib/ruby/1.9.1/webrick/httpservlet/cgi_runner.rb:47:in `exec': Permission denied - /home/user/webrick-test/www/cgi/hello.rb (Errno::EACCES)
        from /home/user/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p180/lib/ruby/1.9.1/webrick/httpservlet/cgi_runner.rb:47:in `
' [2012-02-10 22:45:16] ERROR CGIHandler: /home/user/webrick-test/www/cgi/hello.rb exit with 1 [2012-02-10 22:45:16] ERROR Premature end of script headers: /home/user/webrick-test/www/cgi/hello.rb localhost.localdomain - - [10/Feb/2012:22:45:16 JST] "GET /cgi/hello.rb HTTP/1.1" 500 354 - -> /cgi/hello.rb

パーミッションがどうとか言われているけど、 WEBrick::HTTPServer.new の引数で :CGIInterpreter を指定したら動いた。


require 'webrick'

document_root = '/home/user/webrick-test/www'

server = WEBrick::HTTPServer.new({
  :DocumentRoot => '/home/user/webrick-test/www',
  :BindAddress => '0.0.0.0',
  :CGIInterpreter => '/usr/bin/ruby', # <= これ
  :Port => 10081
})

['/cgi/hello.rb'].each {|cgi_file|
  server.mount(cgi_file, WEBrick::HTTPServlet::CGIHandler, document_root + cgi_file)
}

['INT', 'TERM'].each {|signal|
  Signal.trap(signal){ server.shutdown }
}

server.start

Gimp: スキャンした文書などの画像の傾きを修正し水平にする(2)

「水平出し」と呼ばれることもあるようです。

以前書いた記事よりも良い方法があった(少し前に liangtai さんのツイートで知りました) のであらためて手順を書いておきます。


サンプルです。 この画像を水平にします。


回転ツールを選択。


回転ツールのツールオプションを開き、 「変換方向」で「逆変換」を、 「プレビュー」で「グリッド」を選択。


画像をクリックすると回転ツールのダイアログが開きます。


画像の傾きとグリッドの傾きが一致するように角度を調節します。


「回転」ボタンを押してできあがり。

ちなみに、この後で「メニュー>画像>キャンバスをレイヤーに合わせる」 を実行するとはみ出した部分も表示されます。

環境

Gimp 2.6.10


Gimp に関する他の記事はこちら

Script-fu: 矩形選択範囲からImagemagick crop用のgeometry表現を得る

メニューから 選択>geometry for Imagemagick crop を選ぶと次のスクリーンショットのように表示されます。
2011-11-04 20:35:53

※ちなみに Imagemagick そのものにも似たような機能はあるんですが、なんとなく自作してみました。


(define (anbt-geometry-for-im-crop:selection-bounds img)
  (let* ((bounds (gimp-selection-bounds img))
         (x1 (nth 1 bounds))
         (y1 (nth 2 bounds))
         (x2 (nth 3 bounds))
         (y2 (nth 4 bounds))
         )
    (list x1
          y1
          (- x2 x1)
          (- y2 y1))))


(define (anbt-geometry-for-im-crop:selection-active? img)
  (not (equal? TRUE
               (car (gimp-selection-is-empty img)))))


(define (anbt-geometry-for-im-crop:main img)
  (let* ((img-w (car (gimp-image-width img)))
         (img-h (car (gimp-image-height img)))
         (bounds (anbt-geometry-for-im-crop:selection-bounds img))
         (offset-x-pixel   (nth 0 bounds))
         (offset-y-pixel   (nth 1 bounds))
         (sel-width-pixel  (nth 2 bounds))
         (sel-height-pixel (nth 3 bounds))
         (sel-width-percent)
         (sel-height-percent)
         (offset-pixel)
         (geometry-pixel)
         (geometry-percent))

    (set! sel-width-percent  (round (* 100 (/ sel-width-pixel img-w))))
    (set! sel-height-percent (round (* 100 (/ sel-height-pixel img-h))))

    (set! offset-pixel
          (string-append "+" (number->string offset-x-pixel)
                         "+" (number->string offset-y-pixel)))

    (set! geometry-percent
          (string-append (number->string sel-width-percent) "%"
                         "x"
                         (number->string sel-height-percent) "%"
                         offset-pixel))
    (set! geometry-pixel
          (string-append (number->string sel-width-pixel)
                         "x"
                         (number->string sel-height-pixel)
                         offset-pixel))

    (string-append geometry-pixel
                   "\n"
                   geometry-percent)))

;;(anbt-geometry-for-im-crop:main 1)


(define (script-fu-anbt-geometry-for-im-crop img)
  (if (anbt-geometry-for-im-crop:selection-active? img)
      (gimp-message (anbt-geometry-for-im-crop:main img))
      (gimp-message "selection is empty")))


(script-fu-register
 "script-fu-anbt-geometry-for-im-crop"
 "/Select/geometry for Imagemagick crop" ; このスクリプトのメニュー位置
 "get geometry for Imagemagick crop from selection"        ; このスクリプトの説明
 "sonota"            ; 作者名
 "(c) 2011"          ; コピーライト
 "2011-10-16"        ; 日付
 "RGB*, GRAY*"       ; スクリプトが動作可能なモード
 SF-IMAGE "Image" 0  ; 引数1
 )



** ホームに戻る

<< 前のページ | 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。